【WJ】週刊少年ジャンプ33号 感想【2022】

ジャンプ

 どうも、うきっコです!

 僕はかれこれ二十年以上「週刊少年ジャンプ」を読んでいます!

 この記事は、そんな『ジャンプ歴二十年』の僕が今週号のジャンプの感想・面白かったオススメ作品を書いていこうって感じの記事です!

 ジャンプを読んでいる人は自身の感想と照らし合わせてみたり、読んでいない人にも「ジャンプ面白そうだな」って思ってもらえたら嬉しいです!

 

週刊少年ジャンプに掲載されている作品すべてを読んでいるわけではありません。

オススメ作品 三選

「僕のヒーローアカデミア」

 爆轟の攻撃もむなしく、圧倒的な死柄木の前に倒れていくヒーロー達。

 絶体絶命の状況で登場したのは、雄英のBIG3でした。

 連載8周年&人気投票開催記念の表紙巻頭カラー。見開きでのカラーはエグイ作画量となっています。

 展開自体は別に……というか、ここまででもよく見た感じでしたが、終わり方がカッコよかったです。

楽天Kobo電子書籍ストア
¥460 (2022/07/19 06:30時点 | 楽天市場調べ)

「呪術廻戦」

 前話で登場した呪霊の正体がラストで判明した今週号――。

 ただ一点。そこが面白くて笑ってしまいました(笑)。

楽天ブックス
¥484 (2022/07/19 06:32時点 | 楽天市場調べ)

「高校生家族」

 夏の甲子園予選――目出高野球部も新メンバーを加え甲子園出場を目指しています。

 全体的に通して読むと普通に野球漫画をしているんですけど、のぶかつの狂気がところどころで炸裂する回となっていました。

 のぶかつ回。

 高校生家族も全員出ていましたけど、のぶかつの勢いが全てでした(笑)。

楽天ブックス
¥484 (2022/07/19 06:45時点 | 楽天市場調べ)

全体の感想

 面白くなかったです。

 表紙巻頭カラーは「僕のヒーローアカデミア」。

 休載は「ルリドラゴン」、計画的な休載は「ONE PIECE」と「ブラッククローバー」。

 いつもながら「ヒロアカ」「呪術廻戦」以降の失速感がやばかったです。

 その中で「PPPPPP」と「アンデッドアンラック」は良かったです。

 「PPPPPP」は倫の正体が明かされ彼がなぜピアノを弾くのかが終盤に分かるのですが、個人的にその理由が破滅的で納得できなかったのがマイナスでした。ただ、あのキャラの再登場は意外で面白く読めました。

 「アンデッドアンラック」はビリーの真意と言って良いのかはまだ判断できませんが、あれが彼の真意であったのならかなり格好いいと思いました。ただ、時間が経過しすぎていることもあって後付け感が凄かったのがマイナスでした。

 そんな感じの今週号でした!

 三連休のジャンプでは珍しく火曜日発売となり、少し不思議な感じです。

 それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました!Twitterもやっていますので、良ければフォローしてくれると嬉しいです!

 

うきっコ

 副業としてブログを始めるものの❝177円❞しか得られていない男。

 「文章を書く」「本を読む」のが好きなのでブログは継続中。

 その他、【週刊少年ジャンプ】【Uber Eats 】【都市伝説】に関する情報を発信しています。

うきっコをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました