10年以上【BFデッキ】を使っているデュエリストによるBF解説【遊戯王OCG】

ゲーム

 10000種類を超え、今なお増え続けている「遊戯王 OCG」。

 そのカードの多さから「どんなデッキを使えば良いのか……?」という悩みを持つ初心者もいるかもしれません。

 今回は僕が10年以上使い続けている【BF(ブラックフェザー)】デッキについて

〇長所と短所

〇歴史

〇今後の展開

 について書いていこうと思います。

 これをきっかけにBFデッキを使い始めてくれたり、より遊戯王OCGに興味を持ってくれたのなら嬉しいです

本記事での【BFデッキ】とは、BFのみで構築した「ファンデッキ」と捉えてください

BF(ブラックフェザー)

 「BF」とは、二種類を除いて全てが

・闇属性

・鳥獣族

 で統一されたモンスターとなります。

BF-極光のアウロラ」と「BF Tー漆黒のホーク・ジョー」はこれらの特徴から外れます

フルアヘッド
¥40 (2022/06/05 09:37時点 | 楽天市場調べ)
トレカ通販 トレトク楽天市場店
¥610 (2022/06/05 09:37時点 | 楽天市場調べ)

 アニメ「遊戯王5D´s」の登場人物クロウ・ホーガンが使用したことで知られています。

 作中では、クロウ初登場時に(遊戯王のアニメでは珍しい)1ターンキルを見せるなど視聴者にも強烈なインパクトを残し、アニメ発のモンスター群・デッキでありながら2009年の世界大会において優勝するなど、その強さを証明しました。

長所

 BFは「場にBFが存在していると、手札から特殊召喚できる」という効果があり(全てのBFが持っているわけではありません)これによる連続召喚で場を埋め、次々にシンクロ召喚を連打して制圧するという戦法を得意としています。

 代表的なのが「BFー疾風のゲイル」と「BFー黒槍のブラスト」の二枚です。登場から十数年経過した今でもこの二枚は確実にデッキに投入されます。

 「黒い旋風」による展開確保が特に強く、これによって様々なレベルのシンクロ召喚を変幻自在に行えます。

 また、「BFー月影のカルート」のように「手札から発動できる」カードが多いのも特徴で、奇襲を仕掛けたりトリッキーな動きができるようになっています。

 闇属性・鳥獣族という属性と種族どちらにも恵まれていて、これらをサポートするカードも無理なくデッキに入れられます

闇の誘惑」「ゴッドバードアタック」などが挙げられます

 「BFーアーマード・ウィング」は戦闘面では無敵を誇り、戦闘では解決できない盤面では「A BF-驟雨のライキリ」による破壊効果、相手によっては一枚で勝利を決めてしまう「BFーフルアーマード・ウィング」など上級のシンクロモンスターもエース級が揃っています

トレカ通販 トレトク楽天市場店
¥180 (2022/06/05 21:17時点 | 楽天市場調べ)
じぃぱわーず楽天市場支店
¥35 (2022/06/05 21:17時点 | 楽天市場調べ)

短所

 メインデッキに投入されるBFはほとんどが下級モンスターばかりであり、そこからシンクロ召喚に繋げていくことを目的としています。

 なので、シンクロ召喚が出来ない状態になるとそれだけで詰む可能性があるのです

 大体のデッキにも言えますが特殊召喚封じは刺さりますし、「黒い旋風」を破壊されたりモンスター効果の無効化によって後続を出せなくなっても劣勢になるでしょう。

 特にBFは「場にBFがいる」ことが重要なため、召喚権を使って出したBFが処理されるだけでも次の一枚が切れなくなります

 また、(現在の)BFには妨害効果を持つモンスターがいないため返しのターンに一気に捲られる可能性が高いです。

 それを解決するために妨害もちの汎用モンスターをEXデッキに投入するのですが、そうなると最終的な盤面にBFがほとんどおらず、そもそもEXデッキにBFを入れない方が強いということにもなりかねません

 エース級のシンクロモンスターが揃っていても、以上の理由から現環境でBFのみのデッキで戦うのはかなりキツイと言えるでしょう。

BFの歴史

 登場してから約15年が経過しようとするBF。

 アニメが終わっても新たなBFが登場し、時代によってその強さを変遷させてきました

 ここからは、BFが辿ってきた栄光と転落の歴史、そして新たな旋風について解説します

インチキ全盛期|世界を制した栄光の時代

 2008年登場時から「BF-疾風のゲイル」「BFー黒槍のブラスト」を携え、翌年には「黒い旋風」を加えたことで一気に環境トップクラスへと躍り出ました。

 アニメのキャラクターが使っていたデッキながら世界大会を制したことで、その実力は本物であることも証明

 その後も新たなBFを加え二年近く環境で戦い続けました。

 この頃はインチキ効果を存分に発揮できた、【BF全盛期】と言えるかもしれません。

強者の宿命|「制限」と環境高速化による「転落」の時代

 遊戯王OCGでは「強いカードは制限される」宿命にあります。

同じカードはデッキに三枚まで入れられますが、二枚までしか入れられないカードを「準制限カード」、一枚しか入れられないカードを「制限カード」と呼びます

入れてはいけないカードとして「禁止カード」というものもあります

年に数回、環境の変化を見て公式から発表されます

 BFもその例に漏れることなく「BF-疾風のゲイル」や「BF-月影のカルート」、デッキの潤滑油でもあった「黒い旋風」などが軒並み制限・準制限に指定されてしまいます。

 これによりBFデッキ自体の戦力が低下したうえ、環境が高速化していく中でどんどんその影をひそめていきます

モンスターの特殊召喚や効果によるデッキサーチ・盤面制圧など、1ターンで決着がつくほどの展開をされる(もしくは、しやすくなる)ことを「高速化」といいます

これにより、罠カードなど発動に時間がかかるカードはそれだけでデッキに入れない理由となっていきました

 それぞれの制限が解除されたところで、もはやBF単体ではどうにもできないほどのインフレ環境となっていたのです

 しかし登場当時の大暴れと世界を獲った経歴から、そのような中でも「BFなら強くて当たり前」と思われることも多く、BFを愛用するデュエリストにとっては歯がゆい時代が長らく続きます。

 この頃も新規のBFは登場していましたが、どれもが初期のBFより見劣りするもので実戦で使えるカードはほとんどありませんでした

 その中で登場した「BF-隠れ蓑のスチーム」と「BF-朧影のゴウフウ」は、BFデッキではそれほど活躍しなかったのに他のデッキで暴れた(活躍した)ことから禁止カードに指定されるなど多くの面で見てもBFデッキは不遇の時代を迎えていました。

フルアヘッド
¥80 (2022/06/05 10:07時点 | 楽天市場調べ)
フルアヘッド
¥40 (2022/06/05 10:08時点 | 楽天市場調べ)

「革命」の2018年、「最強初動カード」と「最強の切り札」登場

 BFの時代は完全に終わりを告げ、純粋なファンのみが使い続けるデッキとなっていた2018年――革命が起こります

 「デュエリストパックーレジェンドデュエリスト編3ー」において新規のBFとそのサポートカードが登場しました。

 特にモンスターカードの

 の三枚はこれまでのBFデッキを大きく変えるものとなっており、現在においても必須のカードとなっています

 中でも「毒風のシムーン」は、デッキから直接「黒い旋風」を場に置くという初動カードとしては申し分のない性能でした

 「南風のアウステル」も即座にシンクロ召喚を可能にしたり、墓地からでも楔カウンターをばらまくなど既存・新規のBF、更には「ブラックフェザー・ドラゴン」のサポートをこなすなど痒い所に手が届く一枚となっていました。

 そして、現環境でも通用する最強の切り札「BF-フルアーマード・ウィング」を獲得したのです。

 シムーンからの「黒い旋風」、即座にBFの追加召喚――BFが得意な「下級モンスターを場に揃える盤面」をこれまで以上に容易に行えるようになった上、種族と属性の関係上「RR」「幻影騎士団」を無理なくデッキに組み込めることから強力な先攻制圧も可能となりました。

 最終盤面にBFがいないという問題は抱えつつも、BFファンは柔軟に型を変え環境で戦っていたのです。

2022年、巻き上がる「新たな旋風」

 そして2022年、公式情報から7月に発売するBOX名が「DARKWING BLAST」であることが発表されました。

 「もしかすると新規のBFが来るのではないか?」とファンの間でも期待されていたのですが……

 5月13日、正式に次のBOXでは新規のBFが追加されることが判明しました!

 個人的には三枚も来れば良いなくらいの期待でしたが、いきなりなんと10枚のBF関連のカードが収録されることが判明しお祭り状態でした

 どちらかというと「ブラックフェザー・ドラゴン」とその強化版である「ブラックフェザー・アサルト・ドラゴン」(今回追加される新カードの一枚)のサポートをBFデッキで行えることがコンセプトのように思いました。

 これまではBFで場に出すことにあまり意味を見いだせなかった「ブラックフェザー・ドラゴン」ですが、今回の強化によってそれを払拭したと言えるでしょう。

 新BFの中でも注目されたのが「BF-無頼のヴァータ」で、「ブラックフェザー・ドラゴン」限定ではありますが、「デッキシンクロ」を可能にした新時代を感じさせる一枚としてデュエリストの間に衝撃が走りました

 また、「毒風のシムーン」を越えて最強の初動札となり得る「BF-幻耀のスズリ」などこれまでのような「ガッカリBF」は一枚も無い印象です。

 どれほどの影響を環境に与えるか分かりませんが、新たな旋風がBFに巻き起こるのは確実と言えます。

ヘルスプラウト 楽天市場店
¥5,950 (2022/06/05 10:17時点 | 楽天市場調べ)

おわりに:好きなデッキを使い続けたい

 BFを使い始めて10年以上経ちますが、色々なデッキを作ったりしようとはあまり思ったことがありません。

 「BFは強い」と言われていた時代も、環境を退いた後も、BF以外を使う気にはなれませんでした。

 理由としてはもちろん「アニメのクロウが好きだから」というのもありますし、それ以上に「遊戯王での勝ち方を教えてくれたデッキだから」というのが大きいです。

 強いカードとはこういうものだ、強い動きとはこういうものだ、そのことごとくをBFから学びました

 今でもBFが弱くなったとは思っていません。

 だとしたら、どうすれば勝てるのか?と何度も何度も考えてしまうし、それが楽しいのです。

 勝ちたいという欲求はあっても、大前提として「好きなデッキで勝ちたい」というのがあります。

 ただ勝ちたいなら環境デッキを握れば良いだけです。

 でも、そうではないんですよね。

 そいつらじゃなくて、こいつらで勝ちたいんだよ!って気持ち。

 それが今なおBFを使い続ける理由です。

 勝利だけをリスペクトするのも良いですが、遊戯王の楽しさはもっと別のところにあると信じています

 できれば、ここまで読んでくれたデュエリストにも、僕にとってのBFみたいな存在があること、これから先そのようなカードと巡り合えることを願い、ターンエンドとします。

 Twitterもやっていますので、良ければフォローしてくれると嬉しいです。

 

 副業としてブログを始めるものの❝177円❞しか得られていない男。

 「文章を書く」「本を読む」のが好きなのでブログは継続中。

 その他、【週刊少年ジャンプ】【Uber Eats 】【都市伝説】に関する情報を発信しています。

 ※Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。

うきっコをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました