遊戯王OCG復帰勢が感じた「現代遊戯王」の難しさと面白さ

ゲーム

 以前「遊戯王に復帰した」ことを書きましたが、三月も終わりの頃に

友達と実際にデュエルをしてきました!!

 今回はその時の感想とか、プレイ中に感じた『現代遊戯王』の難しさ面白さなんかをまとめていこうかなって思います!

  • 遊戯王に復帰したいけど、ルールとか今の環境わからないんだよね
  • 他のカードゲームはしてるけど、遊戯王はやったことない。何が面白いの?
  • バリバリの(遊戯王OCG)現役だから少しアドバイスでもしてやるか

 という方々に読んでみてほしいです!

 それじゃ、行きますよー……

デュエル!!!!

復帰勢が感じた現代遊戯王

 実際に体験して(僕が)感じた「現代遊戯王」を簡単にまとめると――

速い!

長い!

強い!

 この三つでした。

速い!

 いくつかの意味を含んでの「速い」ですが、一番感じたのは「展開が速い」でしょうか。

 現在の遊戯王って、『今ある手札でデュエルを作るのではなくて……

最強のゴールを目指してデュエルを展開する

 って感じなんですよ。

 つまり、『どんな手札であろうと、ある程度理想の展開にできる』んです。

 デッキはキーカードばかりで、それらを【場に出し】→【墓地に送り】→【デッキから召喚】のように、目まぐるしく状況が変わっていきます。

 ターンプレイヤーはゴールが分かっているので良いですが、相手は『その流れをどこで止めれば良いか』分からないので、一瞬の判断が勝敗を分けたりする――そう感じました。

 自分も相手も素早さが要求される超高速デュエル、それが現代遊戯王だと思います。

長い!

 これは上の「速い!」から繋がることですが、【勝つため】にデッキを回すので数多くの手順を踏むことになります。

 ターンプレイヤーでなければ、その展開をただ傍観しているだけになります。この時間が長いんですよね。

 ものすごい時間をかけて出来上がるのは、自分を超妨害する盤面ですからデッキによってはターンが変わった瞬間に降参する場合も出てきます。

 これだと普通に面白くないですよね(笑)。

 だからこそ、相手を妨害する手段を用意しておかなければならないんですが……。

強い!

 単純にカード一枚一枚のパワーが桁外れなものになってます。

 【攻撃力】とかのようなレベルでなく、「反則だろ」ってカードがモンスター・魔法・罠、種類を問わず揃っています。

 個人的にありえないと思ったカードは

「ヴァレルロード・S(サヴェージ)・ドラゴン」

強いことしか書いてません
シンクロ・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。
自分の墓地からリンクモンスター1体を選び、
装備カード扱いとしてこのカードに装備し、
そのリンクマーカーの数だけこのカードにヴァレルカウンターを置く。
(2):このカードの攻撃力は、このカードの効果で装備したモンスターの攻撃力の半分アップする。
(3):相手の効果が発動した時、このカードのヴァレルカウンターを1つ取り除いて発動できる。
その発動を無効にする
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

 というシンクロモンスターでした。※しかも制限なしです

 こんなのがゴロゴロしているのが現代遊戯王です。言い換えれば、こういうカードを入れていなければ相手に完勝されてしまうんですね。

復帰勢が感じた現代遊戯王の難しさ

 ここからは、僕が実際に感じた「現代遊戯王」の難しさを伝えたいと思います。

 ただし、前提として『遊戯王はどの時代も難しい』ということは頭に入れておいてください(笑)。

 あくまで「ガチ」でプレイした場合の難しさであり、ファンデッキや友達と遊ぶ際はあまり気にしないで下さい。

 覚えることが多い 

 昔はシンプルな分「このカードが来たらこうする」っていうのが分かりやすかったんですが、今はもう「一枚のカードが持つ重要性が跳ね上がっていて何をすれば良いか分からなくなる」というのを感じました。

 ただ、これは後述する「楽しさ」にも繋がりました。

 後攻がきつすぎる

 現代遊戯王の基本的な戦い方は先攻・後攻かで大きく変わります。

先攻の攻め方なるべく多くの妨害カードを展開し、相手にターンを渡す

後攻の攻め方相手が用意した妨害盤面をめくり返す

 基本これです。

 「妨害盤面って言ってもリバースカードとかが二枚くらいでしょ?」と、昔の決闘者なら言うかもしれませんね。

そんな甘いもんじゃないんですよ!!!!

 まず、リバースカードに代表される罠等はほとんどセットされません(デッキによりますが)し、なんなら罠が一枚も入ってないことも珍しくありません。

「相手のカード発動と効果を無効にし破壊する」

 こんな効果を持ったモンスターが相手のフィールドに大抵2,3体います。

 つまりは、後攻側は「自分のやりたいことを少なくとも2,3回は潰される」ってことです。

 後攻側は最初にカードを一枚ドローできるので手札は六枚ですが、その内三枚ほどが機能しないと考えてみてください。

 これをひっくり返すのが本当に難しかったです。ていうか、ひっくり返せませんでした。

 だからこそ手札誘発系の妨害カード「灰流うらら」などが必須カードであり、なおかつ無制限なのでしょう。こういったカードが無ければ成り立たないのが現代遊戯王だと、強く思いました。

灰流うらら

チューナー・効果モンスター
星3/炎属性/アンデット族/攻   0/守1800
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):以下のいずれかの効果を含む魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、
このカードを手札から捨てて発動できる。
その効果を無効にする。
●デッキからカードを手札に加える効果
●デッキからモンスターを特殊召喚する効果
●デッキからカードを墓地へ送る効果
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

復帰勢が感じた現代遊戯王の楽しさ

 ここからは

昔よりも良くなった・面白くなった点

 を書いていこうと思います。

 無駄なカードが無くなった

 「難しさ」の所でも書きましたが、今の遊戯王は一枚一枚の重要性が跳ね上がっており一つのプレイングミスが勝敗を決したりします。

 これは「選択肢が多い」ということでもあり、難しい反面たくさんのことが出来る楽しさにも変えられます。

 つまり、どのカードもコンボパーツなので一枚でも止められたら途端に勢いを失ってしまうってことなんですね。

 これに関しては僕が大学生時代の頃から変わりません。

 しかし、今は違います。

 今はたとえ止められたとしても、どんな状況でも展開できる可能性があるのです!

 それが「リンク召喚」です。

 リンク召喚

 これまでの遊戯王というのは、特殊召喚と呼ばれる方法で次々とモンスターを展開していきました。

 特殊召喚にも色々あって、

  1. 「魔法・罠で特殊召喚する」「融合召喚や儀式召喚する」
  2. 「シンクロ召喚」
  3. 「エクシーズ召喚」
  4. 「ペンデュラム召喚」
  5. 「リンク召喚」

 以上が代表的な『特殊召喚する方法』です。下に行くにつれ新しい方法となります。

 大昔は本当に特殊召喚する方法が乏しかったのですが、シンクロ召喚以降はかなり緩くなりました。

 ですが、シンクロ召喚もエクシーズ召喚もペンデュラム召喚も、(一応)縛りがありました。

 リンク召喚にはそれが無い!※(実際はあります)

 リンク召喚とは、「場にいるモンスターを墓地に送ることでエクストラデッキからリンクモンスターを出す」召喚方法です。

 場にいるモンスターを、墓地に送る……それだけで出てきます

リンクモンスターは青い枠

 詳しく書いていたら長くなりすぎるので、ここでは省きますが……遊戯王をプレイしていた人ならこのヤバさが分かるはずです。

 つまり、何が言いたいかというと、

どんな場面でもある程度は展開できる無駄に突っ立ているカードが無くなった

 ってことなんですよ。

 これは個人的に凄く感動しました。

 デッキ構成の自由度が上がった

 カードゲームの宿命ですが、「弱いカード」「使い道のないカード」というのは存在します。※ここではモンスターカードに限定します

 ファンデッキを作る際はロマンに変わりますが、ガチで勝ちたい人にとって弱いカードは弱いカードでしかありません。

 ですが今ならどんなカードにも意味を持たせられる……そんな環境になりつつあるのではないかなと、感覚的にそう思いました。

 シンクロ召喚が生まれた理由も「弱いモンスターにも目を向けてほしい」といったものがありましたが、リンク召喚はそれを更に分かりやすくしたのではないでしょうか。

 数多くのデッキが活躍する戦国時代

 昔は「強いデッキは〇〇!」みたいな感じで偏っていました。大会で同じようなデッキがぶつかり合うのも珍しくありませんでした。

 僕は現在もそういう一強・二強のような環境だろうと考えていましたが、意外なことに今の遊戯王は、たくさんの種類のデッキが頂点を争い日々進化しているような状態です。

 まさに戦国時代

 ここまでに書いたように、強いカードが増えすぎたのと強力なテーマが毎回登場していることが要因だと思いますが、

 テーマ:それぞれのカード(主にモンスター)が影響しあうことでコンボを繋げていくような【仲間】【同盟】みたいなカード群のこと。例)青眼、ブラックマジシャン

 本当にどれが最強か分からない!勝つのは自分次第!

 って感じになってて面白いと思います。

 引退した遊戯王プレイヤーも一度どんなカードがあるか見てみてください。きっと、好きになれるカードが見つかりますよ。

 僕も退いていた期間が長かったので、知らないカードはまだまだ沢山あります。

 それをその都度調べていくのも、カードゲームの面白さですよね。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

おまけ:マイデッキ紹介

 僕が今使っているデッキは、【BF】というカテゴリのデッキで、もう十年以上使用しています。

 しかし、そのままでは現代遊戯王に通用しないので勉強して作り直しました!

 【BF】【RR】【幻影騎士団】という三つのカテゴリを組み合わせたハイブリッドデッキです!

 名づけるなら【幻影B・R】って感じでしょうか。

 動きとしてはBFRRで特殊召喚を繰り返し、エクシーズ召喚・ランクアップマジック・リンク召喚を駆使して更に強いモンスターへと繋げていくのが理想となります。

 全てのモンスターが闇で統一されているのも良くないですか?

 先攻時の最終盤面は「真竜皇V.F.D2021年10月の改定で禁止になりました……泣)」「RRアルティメット・ファルコン」「ラスティバルディッシュ」や「幻影霧剣」等を揃えられます。

 残念なのは、大好きなBFが場にあまりいないことですね。

 強い新規のBF待ってます(笑)。

※2022年5月15日追記

 ついに、ブラックフェザー・ドラゴンとBFが強化されるBOXが発売されることとなりました!!

 僕も出来れば3箱は買いたいと思っています!

 復帰したばかりなので、まだカードも揃っていません。「灰流うらら」も一枚も入ってません(笑)。

 ここからもっとデュエルして慣れていこうと思います!

まとめ

あまびえさんも二種類ゲットできました!

 正直、まだまだ書き足りません!

 これからも何かあれば遊戯王についての記事は書いていきたいですね。

 ガチではやっていませんので、お得な情報はお届けできないと思いますが(笑)。

 もしも、ここまで読んで

  • これは違うよ
  • 自分もやってみたくなった

 のような指摘、感想があればコメント欄でもTwitter(↓のTwitterアイコンから飛べます)からでも良いので教えてくださいね。

 それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました!

追記(2022/01/27)

 遊戯王に復帰して一年ちかく経ちましたが、2022年の1月19日についに……

遊戯王マスターデュエルが配信されました!!!!

公式サイトより引用

 これを機に遊戯王に復帰された方も多くいると思います!

 控えめに言っても神ゲーなので、初めての人も是非遊んでみて下さい(ほぼ課金せずとも強いデッキ作れます!)!

 これからはもっと復帰勢向けの記事や初心者向けの記事などを書いていきますので、よろしければまた読みに来てください!

 

うきっコ

 副業としてブログを始めるものの❝177円❞しか得られていない男。

 「文章を書く」「本を読む」のが好きなのでブログは継続中。

 その他、【週刊少年ジャンプ】【Uber Eats 】【都市伝説】に関する情報を発信しています。

うきっコをフォローする

ネットで紙書籍を購入するなら

紙の本・コミックスはAmazon楽天ブックスでの購入が便利!

電子書籍を購入するなら

電子書籍もAmazon楽天koboが便利ですよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました