【WJ】週刊少年ジャンプ01号 感想【2022】

ジャンプ

 どうも、うきっコです!

 僕はかれこれ二十年以上「週刊少年ジャンプ」を読んでいます!

 この記事は、そんな『ジャンプ歴二十年』の僕が今週号のジャンプの感想・面白かったオススメ作品を書いていこうって感じの記事です!

 ジャンプを読んでいる人は自身の感想と照らし合わせてみたり、読んでいない人にも「ジャンプ面白そうだな」って思ってもらえたら嬉しいです!

 

週刊少年ジャンプに掲載されている作品すべてを読んでいるわけではありません。

オススメ作品 三選

「ONE PIECE」

 サンジVSクイーン戦をメインに描いた回でした。

 クイーンが見せるジェルマの能力に苦戦を強いられるサンジでしたが、戦いの最中、花魁の❝お染❞がネズミの忠治を探しに二人の前に現れます。

 この時、クイーンは姿が見えない状態となっており、その状況からサンジは❝お染❞を傷つけたのは自分ではないと悟ります。

 女性を傷つけたこと、自分自身も疑心暗鬼に陥ったこと、全ての怒りを脚に乗せクイーンを撃破するサンジがカッコよかったです!

楽天ブックス
¥484 (2021/12/06 11:01時点 | 楽天市場調べ)

「守れ!しゅごまる」

 迷惑系ボディーガード漫画の第三話。

 相変わらず、ヒロインのさなぎを守っているような守っていないようなしゅごまるですが、今回は蛇原という刺客(一般人)が出てきます。

 蛇原は「すべては――スカル様のために」と、さなぎを狙う「スカル」の名を口にします。これによって確実に刺客としてさなぎたちに認識されます。

 しかし、実は蛇原の言う「スカル」とは……

週刊少年ジャンプ01号(2022):「守れ!しゅごまる」より引用

 そうです。

 「まだ助かる まだ助かる マダガスカル!」でおなじみのゴー☆ジャスのことでした。

 ここがマジでくだらなくて面白かったです(笑)。

 そこからすぐに終わりますが、さなぎのラストツッコミも勢いがあって良かったです(笑)。

週刊少年ジャンプ01号(2022):「守れ!しゅごまる」より引用

「破壊神マグちゃん」

 聖騎士団本部で『摂理』のウーネラスとの戦いが続く。

 いつになく本気となっているウーネラスにマグちゃんもが苦戦する中、イズマが聖騎士として真の覚醒を果たす。

 今、自分が為すべきことを理解し、使命に縋ることなくウーネラスを倒すと宣言したところは普通にカッコよかったですね。

 「破壊神マグちゃん」をオススメに挙げるのはほとんどありませんが、前回は『運命』のミュスカー戦でいじられ役のナプタークがカッコよかった回を挙げていました。※その回はこちら

 普段はポンコツなキャラが真剣な顔を見せる――そんな話が多分思っている以上に好きみたいです。

楽天ブックス
¥484 (2021/12/06 11:35時点 | 楽天市場調べ)

全体の感想

 面白くなかったです。

ONE PIECE」「僕のヒーローアカデミア」「Dr.STONE」等の上位掲載陣は良かったんですけど、それだけって感想です。

 こういう時に強いのがギャグ系なんですけど「ロボコ」は前も見たような展開だし、「高校生家族」は「そういうのはアオのハコに任せとけ」みたいな話でつまらなかったです。

 なので「破壊神マグちゃん」は本当に輝いていましたね。

 そんな感じの今週号のジャンプでした!

 いよいよ新年01号となり、年の瀬を感じる季節となりました。

 風邪などひかぬよう、また来週もジャンプ読んでいきましょう!

 それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました。Twitterもやっていますので、良ければフォローしてくれると嬉しいです!

 

うきっコ

 副業としてブログを始めるものの❝177円❞しか得られていない男。

 「文章を書く」「本を読む」のが好きなのでブログは継続中。

 その他、【週刊少年ジャンプ】【Uber Eats 】【都市伝説】に関する情報を発信しています。

うきっコをフォローする

ネットで紙書籍を購入するなら

紙の本・コミックスはAmazon楽天ブックスでの購入が便利!

電子書籍を購入するなら

電子書籍もAmazon楽天koboが便利ですよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました