【WJ】週刊少年ジャンプ52号 感想【2021】

ジャンプ

 どうも、うきっコです!

 僕はかれこれ二十年以上「週刊少年ジャンプ」を読んでいます!

 この記事は、そんな『ジャンプ歴二十年』の僕が今週号のジャンプの感想・面白かったオススメ作品を書いていこうって感じの記事です!

 ジャンプを読んでいる人は自身の感想と照らし合わせてみたり、読んでいない人にも「ジャンプ面白そうだな」って思ってもらえたら嬉しいです!

 

週刊少年ジャンプに掲載されている作品すべてを読んでいるわけではありません。

オススメ作品 三選

「ドロンドロロン」

 今週からの新連載作品。表紙巻頭カラー担当。

 モノノケという怪物が人々に認知され、そのモノノケを倒せるのは「侍」のみ――という日本を舞台にした❝退妖ファンタジー❞。

 主人公・佐々木ドラは侍となるため試験を受けるものの、適正0で早くもその道を断たれる。気落ちしながら帰り道を歩いていると、モノノケから逃げる子どもと遭遇。

 その子どもを助けてくれた人がまだいると聞かされ、ドラは助けに行くものの、そこにいたのは二体のモノノケだった――。

週刊少年ジャンプ52号(2021):「ドロンドロロン」より引用
週刊少年ジャンプ52号(2021):「ドロンドロロン」より引用

 「侍」適正0の主人公と、人を襲わないモノノケのバディものです。

 今回は新連載ということもあり、オススメに挙げましたが……正直この手の作品は食傷気味というか。先週の「アヤシモン」に続いて「また妖怪?」みたいな感じで(笑)。

 作者の大須賀先生は以前、「ゴーレムハーツ」を連載していましたね!

ネットオフ楽天市場支店
¥150 (2021/11/29 20:19時点 | 楽天市場調べ)

「ONE PIECE」

 今週一番よかった作品でした。

 ゾロがメインに描かれており、「三代鬼徹」を手に入れた際のシーンで いっぽんマツ(武器屋のオヤジ)、さらにゾロの子ども時代の回想で くいな といった懐かしい面々が登場したうえ、かねてより名前が出ていた霜月コウ三郎(一応ゾロの憶測ですが)が出てきたりとかなり重要な話だったと感じました。

 また、本編を読んだ後だと扉絵にスモーカーとたしぎが描かれているのも何か意味がありそうで良かったですね。

 ラストのゾロのセリフに「親友」とあったのも印象的でした。

楽天ブックス
¥484 (2021/11/29 20:38時点 | 楽天市場調べ)

「僕のヒーローアカデミア」

 スターアンドストライプの遺した猶予でデクたち雄英側は力の底上げを試みる。

 ヴィラン側に残したスターアンドストライプのダメージは深刻ではあったものの、当のAFOは落ち着いた様子。その理由は、雄英側に内通者がいるからで――……。

 その内通者がまさかのあのキャラ――といったテンション上がる引きでしたね。

 内通者に関してはファンの間ではけっこう予想はされていたみたいです。

 次週は表紙巻頭カラーでより盛り上がりを見せてくれそうです!

全体の感想

 普通。

 休載は「呪術廻戦」。

 関係無いですけど、朝から「連載再開」がトレンド入りしていて「ハンターハンター」もたくさんツイートされていました(笑)。「ハンターハンター」は少なくとも、あと十年は連載再開しませんから(笑)。

 今週は本当に「ONE PIECE」がとても良く、読み応えありました。

 オススメ作品以外であれば、「あやかしトライアングル」も面白かったです。「はよ行けや(笑)」ってすごいツッコミ出来て(笑)。

 そんな感じでしたかね。意外とギャグ系がどれもそれほど良くなかったです。

 次号からは新年1号となり、週刊少年ジャンプは2022verとなります。

 いよいよ年末が迫ってきましたね。

 寂しさも覚えますが、どこか気分は高まります(笑)。

 それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました。

 Twitterもやっていますので、良ければフォローしてくれると嬉しいです!

 

うきっコ

 副業としてブログを始めるものの❝177円❞しか得られていない男。

 「文章を書く」「本を読む」のが好きなのでブログは継続中。

 その他、【週刊少年ジャンプ】【Uber Eats 】【都市伝説】に関する情報を発信しています。

うきっコをフォローする

ネットで紙書籍を購入するなら

紙の本・コミックスはAmazon楽天ブックスでの購入が便利!

電子書籍を購入するなら

電子書籍もAmazon楽天koboが便利ですよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました