【都市伝説】とある「天才」、「研究者」、「芸人」に共通するこの世界の闇

都市伝説
注意

 ・この記事は都市伝説が好きな僕が、好きなように都市伝説を語るものとなります。

 ・そのため、❝妄想❞や❝都合のいい解釈❞が多分に含まれます。

 ・読んで得られるものは何もありません

うきっコ
うきっコ

――それでも良ければ是非、都市伝説とこの世界の【闇】に触れていってください!

❝天才❞ ニコラ・テスラ

 世紀の大天才」または「狂気のマッドサイエンティスト

 それがニコラ・テスラです。

 世間一般のイメージだと「エジソンとの電流戦争」が有名です。

 まぁ……今回は関係ないのでエジソンとのあれこれは書きませんが(笑)。

 ただ

それでも、ニコラ・テスラってあまり知られてないですよね?

 ここまで読んでも「ニコラ・テスラ?だれ?」って人、かなりいるのではないでしょうか。今は以前と比べたら知名度はアップしているはずですが。

 対して、エジソンは誰だって知っている――。

 はっきり書きますが、ニコラ・テスラはエジソンとは比べものにならないくらいの、ガチの天才です

 発明にしても、その発想にしても、どれをとってもエジソンを越える頭脳を持っていました。

 ならば、なぜ知られていないのか?

 ……ここに【】が隠されているんですね。

「世界システム」と「フリーエネルギー」

 ニコラ・テスラを語る上で外せないのが「世界システム」と「フリーエネルギー」です。

 「世界システム」というのは、でかい発電所を建てて世界中に電磁波を使って電力を届けるといったものです(めちゃくちゃ簡単に説明してます)。

 その電力を「フリーエネルギー」と言います。つまり、ただで使えるエネルギーです。

 世界のどこにいても電気が使える。しかもただで。夢のような話です。

 そう、夢。

 そんな発明、未だに完成していません。おそらく、この先も完成しないのでしょう。

 理由は一つ。

そんなものが出来上がると困る人間がいるからです。

 世界中の誰もが無料で電気が使い放題、なんてなったら今ある電力会社はもう必要なくなっちゃいますよね?

 これまでほぼ独占的にお金を得ていたのにそれが無くなるんだったら、そんな発明ぶっ潰そうって、思いますよね?

 ニコラ・テスラも自身の研究室が火災でなくなり、その際多くの発明アイディアも焼失したと言われています。

 ❝多くの人が笑顔になる発明❞とは、裏を返せば❝少数の、けれども巨大な権力を持つ人間には邪魔でしかない❞のです。

 そうして何も知らない我々は、これまでと同じように搾取され続けるのでしょう。

❝研究者❞ 小保方晴子

 この記事を読んでくれている人なら小保方さんの名前と一連の騒動はご存知でしょう。

 「STAP細胞」と「ありまぁす!

 この二つがあまりに有名になりすぎた日本の女性研究者です。

 当時のメディアの扱いは凄かったですよね。

 「奇跡の細胞!」みたいに持ち上げたかと思えば、その後のバッシングも異常でした。

 僕としては「あぁやっぱ(STAP細胞)無かったんだ」くらいにしか感じませんでした。そもそも、そんなに興味が無かったっていうのが本音です。

 ……しかし、あれから数年が経った今、一つの❝可能性❞を考え始めたのです。

STAP細胞は本当にあったのではないか、と。

あまりにも不自然な〇〇

 「STAP細胞ほんとうはあった説」……これを考え始めた最初のきっかけは

笹井芳樹氏の自殺

 です。  

 笹井芳樹さんとは、小保方さんと一緒にSTAP細胞を研究していた理化学研究所の方でSTAP細胞の一連の騒動にも深く関わっていました。

 しかし、STAP細胞の論文が捏造でありそんな細胞自体が存在しないと各メディアに取り上げられ始めた2014年8月5日、笹井氏は自ら命を絶ちました。

 当時の僕は衝撃を受けました。この❝笹井氏の自殺❞があまりに不自然だったからです。

 これを読んでくれているあなたにも考えてほしいのですが、

自分が歴史に残るような発見をしたが、それが実は間違いであった

 その場合、あなたならどう行動しますか?

 僕なら「すみません、あれは間違いでした。大きな期待をさせてしまい、申し訳ありませんでした」と、そう謝って終わると思います。

 当時はそんなに興味が無かったわけですから「まぁそんな都合の良い細胞あるわけないよね。間違いくらいあるし別にもう良くない?」とすぐに忘れたでしょう。

 しかし、笹井氏の取ったこの行動はあまりにも納得ができませんでした。研究者としての苦悩やメディアバッシング等、想像もできないことは多くあったでしょうが、それでも❝自殺❞を選ぶ心理が僕にはわからなかったのです。

STAP細胞の【闇】

 笹井氏の自殺……そして最後に語る芸人のエピソード、これらの事が重なり2021年の現在「STAP細胞は本当にあったのではないか」と考えるようになりました。

 初めに書いたニコラ・テスラでも触れましたが、

多くの人に喜ばれる発明や発見・技術というものは、権力を持った組織にとっては邪魔でしかない

 そういう考え方をするようになった時、このSTAP細胞についても同様のことが言えるのです。

 詳しくはないですが、STAP細胞とは万能細胞とも言われ、どの細胞からでも特定の細胞に変化できるんですね。※たとえば、胃の細胞から心臓を造ったり

 大げさな話「不老不死」が実現するのではないか、って話ですよね。全人類の永遠の夢とも言えます。

 ……ならば、誰がそれを「邪魔だ」というのでしょう?

 この世界から❝病気❞や❝薬❞といったものが無くなったら困る人達と考えるのが妥当です。

 これらを踏まえたうえでもう一度、STAP細胞の騒動連日の小保方さん叩き笹井氏の自殺を考えてみてください。

 やっぱり異常としか思えないんですよね。

 それだけ本気で、STAP細胞に関するあらゆることを抹消したかった人間がいるのでは

 あなたの周りの人はもう誰もSTAP細胞を信じていないし、「STAP細胞って本当はあったかもしれないんだよ」と話せば高確率でバカにされるでしょう。

 これが「洗脳」なのか「妄想」なのか……真実は全て【闇】の中です。

❝芸人❞ 中田敦彦

 最後に紹介するのが、オリエンタルラジオの中田敦彦さんです(以下「あっちゃん」と書きます)。

 そもそもな話、今回の都市伝説の始まりはこのあっちゃんにあります

 今から数年前、僕は「やりすぎ都市伝説」という番組を観ていました。

うきっコ
うきっコ

「やりすぎ都市伝説」は現在も季節の変わり目や年末に特番として放送していますので、機会があればぜひ一度ご覧下さい!

 この番組のコーナーの一つに「芸人が都市伝説を語る」ものがあって、あっちゃんもいくつか都市伝説を披露しています。

 その一つに

「ビタミンを見つけた日本人」

 というものがありました。

 細部までは覚えていませんが、そのまま「ビタミンという栄養素を初めて発見したのが日本人の❝鈴木梅太郎❞という人である」といったものでした。

 そこからあっちゃんは滑らかなトークで、この鈴木梅太郎がどのようにビタミンを発見するに至ったかを説明していくのですが……。

 問題は、その締めくくりにありました

 話も終盤に入った時、あっちゃんはとある研究者を絡めてきます。

 そう。それが、❝小保方晴子❞さんなのです。

 我々は日本人でありビタミンという栄養素を周知しているにもかかわらず、誰が発見したのか知っている人はどれだけいるでしょう?(ちなみに僕はこの番組で知りました)

 それもそのはず。鈴木梅太郎は「新しい栄養素としてビタミンを発見した」といった論文を世界に向けて提出しているのですが、この論文の翻訳がめちゃくちゃだったらしいんですよね。

 そのため世界的な注目も評価もされなかったのです。

 これは飛躍した考えかも知れませんが、「論文が改ざんされたのでは?」と思ってしまいますよね?

 普通なら馬鹿な話だと笑って終わるでしょう。しかしこの都市伝説はここで終わらないんです。

 実は、この鈴木梅太郎……

あの「理化学研究所」に所属していたのです。

 ここまで来たらもう分かりますよね。

 小保方晴子さんが所属していたのは理化学研究所、鈴木梅太郎が所属していたのも理化学研究所……この二人の共通点は「論文を改ざんされたかもしれない」。

 仮に鈴木梅太郎の論文が改ざんされていた場合、小保方さんの論文や研究内容なども歪められていても不思議ではありません。同じ組織であればなおさら「そういった体質なのだ」と思ってしまいます。

 こんな感じで展開していったあっちゃんは、最後に「もしかするとSTAP細胞も本当にあったのかもしれない……信じるか信じないかはアナタ次第です」と締めくくりました。

 僕はこの話を聞いて「STAP細胞は本当にあったのかもしれない」……と、その可能性を考え始めたのです。

 しかし、この話はこれだけに終わらなかったのです。

その後の❝あっちゃん❞

 これは僕の記憶も更にあいまいなものとなるのですが、あっちゃんって……この話以降「やりすぎ都市伝説」から姿を消しているんですよね

 大勢の芸人が話すコーナーなのでメンツの入れ替わりも多々ありますが、レギュラー的な芸人は毎回登場します。あっちゃんもその枠にいましたし、話の内容も毎回良かったのです。

 にもかかわらず突然のフェードアウト。現在に至るまであっちゃんの姿はありません。

 ちょうどこの頃「オリエンタルラジオ中田がダウンタウン松本に噛みつく!」みたいな騒ぎを耳にしていましたし、その後あっちゃんは色々あって吉本を退所し今に至ります。

 ……おかしく思いません?

 後輩が先輩にたてついたからテレビから干された、みたいな認識だったのですが……なんかそれだけじゃないっていうか。

 そもそもダウンタウンの松本さんは「そんなんやないから!」と笑いながらテレビでも喋っていたのを覚えています。松本さんの性格やキャラ的にもあっちゃんにマジ切れするとは思えないんですよ。

 だとしたら吉本側が本気であっちゃんを干そうとしたのでしょうか?

 上記の都市伝説を話したからでは?と考えてしまうのです。

 小保方さんの言っていたことが、万が一にも本当だと思われたら困る人間がいたのでは

 だとすれば吉本よりも大きな❝どこか❞。

 こうなると妄想に近いですが、結果だけを見れば

小保方さん→もはや誰も存在を気にしていない。異常なバッシングで「詐欺師」のレッテルまで貼られる。

あっちゃん→テレビから消え、吉本も退所、さらには日本からも出ていきました。(これは節税のためでしょうが)

 最初に語ったニコラ・テスラも同様、三人ともどこか共通してる部分がありますよね。

まとめ

 ニコラ・テスラ、小保方晴子、中田敦彦……三人に接点はありませんが、辿った境遇はどこか似ていました。自然とそうなったのではなく❝何者かの意思❞が働いていたようにしか思えないのです。

 そして重要なのはここからです。

 僕らが知らないだけでこのような出来事は今も起こり続けています。

 なぜ知らないのか?

 テレビや新聞、メディアがそれを教えないからです。言い換えれば、そんな事が簡単にできるような人間が裏にいると考える方が自然でしょう。

 そうなると、もはやテレビニュースも新聞も都市伝説となんら変わりません

 これからの時代は、❝個人❞が❝何を考え❞❝どう行動するか❞が重要になってきます。

 目に見えるもの、耳から聞こえてくるものだけを信用するのは危ないかもしれませんよ……。

 信じるか信じないかは、あなた次第です!

 それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました!

 このように僕は都市伝説が好きなので、これからも何か面白い話があれば書いていこうと思います!

 また、オススメの都市伝説本も下に書いておきますので、興味がある人は是非読んでみて下さい。

 Twitterもやってます。フォローしてくれると嬉しいです!

オススメの「都市伝説」本
うきっコ
うきっコ

気楽に都市伝説を知りたいならナオキマンさんはオススメです!

記事にも書いたことあるのでそちらも参考にしてみてください!

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
うきっコ
うきっコ

最近発売されたウマヅラビデオさんの本です。

かなり深い都市伝説を話しながらも笑える動画をたくさん

YouTubeにも上げています!

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
うきっコ
うきっコ

こちらも最近発売された本……というかムック本です。

ヤバい話多めですがメチャクチャ面白い!

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
うきっコ
うきっコ

「都市伝説」といえばこの人。

先駆け的な存在でありながらも全く色あせない面白さ。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

 ――まだまだたくさんありますが、この辺りは都市伝説を知る上でもとっつきやすいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました