【WJ】週刊少年ジャンプ38号 感想【2023】

ジャンプ

 僕は小学生の頃から「週刊少年ジャンプ」を愛読しており20年以上が経過しました!

 この記事は、自分なりに今週号のジャンプの感想・面白かったオススメ作品について書いたものとなります。

ジャンプ歴20年」の読者はどんな感想なのか?

分かる。今週は面白かった!

自分はジャンプ歴は浅いけどその感想はおかしい!

みたいな感じで読んでくれたらうれしいです!

※普通にネタバレOKで書いていますので注意してください

\圧倒的な品ぞろえと即日発送!/

週刊少年ジャンプ38号(2023)のおすすめの作品3選

週刊少年ジャンプおすすめ3選

 今週のジャンプのおすすめ作品を3つ紹介。

 単純な「面白さ」「今後への展開」などを基準にして選出しています。

 あくまで筆者自身の勝手な感想と偏見で選んだものですので、この3作品がジャンプで面白い・勢いがあるというわけではない点は注意してください

ONE PIECE

 お互い引いていないところが良かったです。

 ヨークを制圧し、エッグヘッド島から脱出しようとする麦わらの一味とボニー、そしてベガパンク達。

 そこへ急襲をかける海軍大将・黄猿――。

 黄猿を相手にするのは現在のところ戦桃丸ですが、ルフィ達との交戦があっても不思議ではありません。

 その辺りも気になりますが、黄猿がわざわざ戦桃丸のところへ行ったも気になります

立ち塞がる男の覚悟踏みつぶしゃ……こっちも格好つきません。筋くらい通させてくださいよ

 そう、サターン聖に告げる黄猿。

 これ言葉とおりだと「戦桃丸を無視して行けるけど」ってことじゃないですか。

 なんか、黄猿の言動が気にかかります。

 気になる点といえば、今週の扉絵には百計のクロが描かれています。

 ここでクロ!?くらいにしか感じませんでしたが、扉絵も重要な考察要素である点を考えると何かありそうな気がして……。

 戦力的にも状況的にもルフィ達有利っぽいですが、黄猿や五老星の動きも一歩も引いていない感じが面白かったです。

楽天ブックス
¥528 (2023/08/22 01:05時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

SAKAMOTO DAYS

 ほのぼのした感じが良かったです。

 タイから帰国し、捕らえた敵側の幹部・鹿島の尋問をしている坂本とシン。

 味方の情報を一切喋らない鹿島に2人は苦戦している様子。

 それを見ていた坂本の娘・花は、「鹿さん動けないのに、みんなでいじめてなんかかわいそう」と言い、鹿島を抱えて町へ出ます。

 そこからおもちゃ屋さんへ行ったり、電気屋さんへ行ったりして機械である鹿島の体を治していきます(実際には直ってない)。

 元の自分の体とはかけ離れた姿になり鹿島も辟易しますが、花の様子とこれまでに見てきた町の人たちの顔を思い出し、坂本がなぜ戦うかの理由を理解するのでした

 そんな中、なんかいきなり突っ込んできていきなり展開を作ろうとしたトラックに花が轢かれそうになります。

 鹿島はとっさに花をかばい身を呈して守ろうとするのでした。

 タイから帰国し展開も新たなものになりそうですが、今週は鹿島と花のやり取りがほのぼのしていて良かったです。

楽天ブックス
¥528 (2023/08/22 02:25時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

キルアオ

 より〇〇〇っぽくなってて面白かったです。

 皆で映画を観ている最中に元の姿へ戻ってしまった十三。

 気づかれぬように途中退席し、トイレへ避難します。

 結局、映画が終わるまで体はそのままで、トイレまで呼びに来た天馬をやり過ごさなければならなくなります。

 そこで登場したのが「シール型の音声変換装置ボイスチェンジャー」!

 まんま「名探偵コ〇ン」のあれ・・ですが、作中でも十三が「蝶ネクタイじゃなくてなによりだ」と発言するほど。

 それで何とかその場を凌げるかと思いましたが、今度はノレンが謎の2人組にさらわれてしまいます。

 で、なんやかんやで小さな姿に戻った十三と天馬がノレンの元へ駆けつけるのですが。

 2人組の正体はチンピラなどではなく、十三も知るくらい有名な組織のプロだったみたいで……。

 展開がころころ変わって読んでて飽きなかったです

 十三は主人公だし、元があれなんでわかりますが、天馬もこの状況に参加させるということは、今後も使われていくキャラになっていくのかなって思いました。

楽天Kobo電子書籍ストア
¥502 (2023/08/22 07:15時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

週刊少年ジャンプ38号(2023)の全体の感想

週刊少年ジャンプの全体の感想

 面白くなかったです。

 今週の表紙巻頭カラーは「アオのハコ」。

ブラッククローバー」が週刊少年ジャンプからジャンプGIGAへ移籍することが明かされました。これは意外でしたね。何をもって移籍する理由となるかは分かりませんが。

 僕は「ブラッククローバー」読んでないので把握してはいないものの、もう少しで終わりそうな流れ感じていたので。

 あとはXのトレンドにも入っていた「僕のヒーローアカデミア」7ページ掲載。

 正直7ページなら休載してくれって思いました。お盆休みの合併号明けでこれですからね。

呪術廻戦」も相変わらずの展開でつまらないんですよね。五条vs宿儺がつまらないんじゃなくて、やっていることがただの「ドラゴンボール」になっているというか。

 呪術関係なくない?みたいな

 いろいろやっているのは分かるんですけど、結局脳筋じゃね?みたいな。

 呪術ってもっとスマートな印象があるんですね。頭使わないとできないよって感じの。だから何か、どこにでもありそうな漫画になっちゃったなあって、残念な気持ちで読んでいました。

 全体的につまらなかったですが、読めば読むほどつまらなくてしんどかったです。

 合併号明けてこれかよって。暗い気持ちになりました(笑)。

 といった感じの今週号でした!

 それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました!Xもやっているので、良ければフォローしてくれると嬉しいです!

 →アカウントはコチラ

 

 副業としてブログを始めるものの❝177円❞しか得られていない男。

 「文章を書く」「本を読む」のが好きなのでブログは継続中。

 その他、【週刊少年ジャンプ】【Uber Eats 】【都市伝説】に関する情報を発信しています。

 ※Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。

うきっコをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました