【WJ】週刊少年ジャンプ32号 感想【2022】

ジャンプ

 どうも、うきっコです!

 僕はかれこれ二十年以上「週刊少年ジャンプ」を読んでいます!

 この記事は、そんな『ジャンプ歴二十年』の僕が今週号のジャンプの感想・面白かったオススメ作品を書いていこうって感じの記事です!

 ジャンプを読んでいる人は自身の感想と照らし合わせてみたり、読んでいない人にも「ジャンプ面白そうだな」って思ってもらえたら嬉しいです!

 

週刊少年ジャンプに掲載されている作品すべてを読んでいるわけではありません。

オススメ作品 三選

「逃げ上手の若君」

 国司・清原を討ち取ったものの、これ以降の戦いに不安を覚える信濃軍。

 その不安を払拭させ士気を最高潮まで高めるため、ついに時行が名乗りを上げます。

 センターカラーで「暗殺教室」の殺せんせーが描かれていたこともあり本編がどんな感じになるか楽しみに読んでみましたが、普通にかっこよかったですね。

 時行の名乗りもそうですが、それを聞いていた貞宗が速攻で単騎駆けするのもかっこよかったです。

楽天ブックス
¥484 (2022/07/11 06:21時点 | 楽天市場調べ)
楽天ブックス
¥484 (2022/07/11 06:21時点 | 楽天市場調べ)

「僕とロボコ」

 二周年記念で表紙巻頭カラーに加え、(ロボコのコスプレした)えなこさんのグラビアも掲載されています。

 内容自体は前話の続きで、珍しく真面目なバトルシーンが多く描かれていました。敵もかなり強くロボコもガチで追い詰められていましたが……。

 そこらへんはふざけた技でなんとか乗り切り、いつもどおりの締め方で終わりました(笑)。

 本編は関係ないですけど、巻頭カラーからいきなり❝えなこ❞さんのSPグラビアが掲載されていたのは、なんか面白かったです(笑)。

楽天ブックス
¥484 (2022/07/11 06:27時点 | 楽天市場調べ)

「高校生家族」

 腰を痛め、部活練習できない一郎は新入部員たちの指導をすることに。

 あきらかに見た目おっさんの一郎を監督と間違えたり、本物の監督が一郎を「先輩」と呼んだり、そんな光景を何とも思わない他のバレー部員たちに困惑したり……。

 原点でありベタですが、久しぶりな面白さで良かったです。

楽天ブックス
¥484 (2022/07/11 06:32時点 | 楽天市場調べ)

全体の感想

 面白くなかったです。というか、ヤバかったです。

 表紙巻頭カラーは2周年記念「僕とロボコ」。休載は「僕のヒーローアカデミア」。

 計画的な休載は「ONE PIECE」で、今週号はほぼ看板無しのジャンプでした。

 このヤバさですよね。

 これまでのジャンプは何か看板作品が休載していてもそれ以外の作品レベルも高く、内容的には満足できていたのですが、今のジャンプはそれが無いんです。

 もちろん「逃げ上手の若君」や「ウィッチウォッチ」など、引っ張ってくれる作品もあるにはあるのですが……。それらは大抵は上位掲載されており、それが終わった後の失速感って言うのはジャンプ歴20年の僕の中でも一番のヤバさです。

 悪いことは書きたくないですが、今週のオススメも「逃げ上手の若君」以外はかなり妥協しました。

 そんな感じの今週号でした。

 それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました。Twitterもやっていますので、良ければフォローしてくれると嬉しいです!

 

うきっコ

 副業としてブログを始めるものの❝177円❞しか得られていない男。

 「文章を書く」「本を読む」のが好きなのでブログは継続中。

 その他、【週刊少年ジャンプ】【Uber Eats 】【都市伝説】に関する情報を発信しています。

うきっコをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました