【WJ】週刊少年ジャンプ03号 感想【2024】

週刊少年ジャンプ03号(2024)の表紙 ジャンプ

 僕は小学生の頃から「週刊少年ジャンプ」を愛読しており20年以上が経過しました!

 この記事は、自分なりに今週号のジャンプの感想・面白かったオススメ作品について書いたものとなります。

ジャンプ歴20年」の読者はどんな感想なのか?

分かる。今週は面白かった!

自分はジャンプ歴は浅いけどその感想はおかしい!

みたいな感じで読んでくれたらうれしいです!

※普通にネタバレOKで書いていますので注意してください

\32,000冊が無料!/

週刊少年ジャンプ03号(2024)のおすすめの作品3選

ルフィと項目タイトル

 今週のジャンプのおすすめ作品を3つ紹介。

 単純な「面白さ」「今後への展開」などを基準にして選出しています。

 あくまで筆者自身の勝手な感想と偏見で選んだものですので、この3作品がジャンプで面白い・勢いがあるというわけではない点は注意してください

 主人公の成長が目に見えて分かって良かったです。

 シャル救出のために敵のアジトに乗り込んだチヒロ。

 しかし、警備はガチガチに固められており、隙をつけるほどの穴も無ければ自身も満身創痍という状況です。

 案の定、敵に先手を突かれ後がない状態へと追い込まれてしまいます。

 双城との戦いで傷ついていなければ……。そんな考えが脳裏をよぎり、それは、別の言葉となって反芻されるのでした。

「万全であれば救えたのか」

 弱気な気持ちがチヒロを支配し、目を閉じたとき、かつての父との日常を思い出します。

 父の考えや教えをそのまま引き継ぐ必要は無い。それに固執すれば視野は狭くなってしまう。もしも、狭くなってしまったときは「冷静に」「柔軟に」「自分なりの形を見つける」。

 その父の言葉の通り、チヒロは妖刀・淵天を自身の力として昇華させるのでした。

 冒頭でチヒロが妖刀の力について語るシーンが描かれており、ここで妖刀には更なる力がある……そんなニュアンスを含んだ説明がされていました。

 それを、ラストに主人公であるチヒロ自身が体現する終わり方は綺麗でした

 覚醒というかギリギリの状況に追い詰められて、父の言葉から成長する糸口を見つけるというかなり王道なパターンも良かったです。

 チヒロも弱くはないんですが、この作品、変な見た目の割には敵がちゃんと強いので修行して強くなるという悠長なことしていられないんですよね。

 だからこそ今回みたいな「追い詰められて成長」は読んでて気持ち良かったです。あと、シャルが何か可愛くなっていたのも良かったです。

 今週は読み応えナンバーワンでした。

楽天Kobo電子書籍ストア
¥290 (2023/12/18 20:07時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

ウィッチウォッチ

 懐かしい感じがして面白かったです。

 新たに加わった使い魔、ドラゴンのバンがメインの回でした。

 ストーリーを要約すると「王様になれる魔法」を悪用して、乙木家の使い魔を自分(バン)のいいなりにするって感じのやつです。

 一人一人が魔法にかかって服従した状態で現れるんですが、後にあるほどネタ感というかオチ担当感が出る……笑いのセオリーにのっとった流れは綺麗でした

 特に大オチのカンシが本領発揮していて面白かったです。

 ちょっと前までは長編シリアスやってたんで、こういうのは久しぶりでした。

 あと、ドラゴンのバンは最後は自分が痛い目に遭うんですけど、もう流れが「こち亀」の両津勘吉なんですよね。

 新キャラメイン、オチも綺麗、全体的に完成度たかめでした。

楽天Kobo電子書籍ストア
¥502 (2023/12/18 20:20時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

 まぁ~くだらないお話でよかったです。

 ボンド、ガチゴリラ、モツオ、ロボコいつものメンバーがコンビニでおでんを買う話。

 ただ、小学生なので限られた金額でおでんを買わなければなりません。

 ロボコを除く3人の合計金額は300円。おでんのネタは1品125円で2品。

 ここから、互いに食べたいおでんのネタの熱きプレゼン大会が始まるのでした

 この3人にはよくある心理戦込みの謎バトルおでん版。

 ただ、モツオが貧乏になったからこそ出来るようになった話でもあります。

 ラストはボンドのお母さんがやってきて「色々食べられるのがおでんの素敵なトコでしょ?」と、皆で色んなネタを食べて終わり。

 ……いや、良い感じで終わらせているけど全部茶番じゃんっていう(笑)。

 それ含めてバカバカしくて下らなくてよかったです。

楽天ブックス
¥528 (2023/12/18 20:33時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

週刊少年ジャンプ03号(2024)の全体の感想

錨をバックにゾロとナミとサンジ

 2023年に読んだジャンプではワーストでした。

 表紙巻頭カラーは「SAKAMOTO DAYS」、休載は「ONE PIECE」「僕のヒーローアカデミア」。

 面白い作品ありましたか?

 読んでて本当に頭痛くなっていました

「ONE PIECE」休載は分かっていたので、明らかにレベルは下がると思っていましたけど。

 なんというか個人的に虚無感の強い作品が多いんです。

 まず「アオのハコ」なんですけど、これ、何?

 何が起こるのこれから。

 ヒロインに告白して、OKもらって適度にいちゃつきながら部活がんばる。

 これから何をすればゴールなん?

 もうここから主人公カップルに恋愛での山あり谷あり……無いでしょ?じゃあ、バドかバスケ漫画になるんか?別にそれは興味ないし。

「タッチ」みたいにどっちかが事故に遭って○ぬか、意識不明になって植物状態になるくらいのものになってくれないともうこれ以上ないですけど。

 後輩キャラ出てきて何か起こりそうですけど、ヒロインに敵うポテンシャルでもないし。かといって主人公の周りの恋愛模様も興味ないしで、どうすればいい?って感じ。

「呪術廻戦」は法廷バトル始まったかと思ったら、よく分からんルールでよく分からん展開になっとるし。

 挙げだしたらポコポコ出てきますけど、全体的に熟読せずとも、目すべらせて読んで問題ないレベル。

「カグラバチ」くらいでしょうか、丁寧に描写しているのは。

 また、今週号はスピンオフ作品「Dr.STONE」第2話が掲載されていました。

 タイムマシンを作るために宇宙エレベータやリニアモーターカーを造る。ワクワクする感じは本編以上でしたね。

 ラストも気になる終わり方でしたし、最終話をはやく読みたいです。

 正直「Dr.STONE」なければガチでヤバかったと思います。

 そんな感じの今週号でした!

 それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました!Xもやっているので、良ければフォローしてくれると嬉しいです!

 →アカウントはコチラ

 

 副業としてブログを始めるものの❝177円❞しか得られていない男。

 「文章を書く」「本を読む」のが好きなのでブログは継続中。

 その他、【週刊少年ジャンプ】【Uber Eats 】【都市伝説】に関する情報を発信しています。

 ※Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。

うきっコをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました