【WJ】週刊少年ジャンプ51号 感想【2022】

ジャンプ

 僕は小学生の頃から「週刊少年ジャンプ」を愛読しており20年以上が経過しました!

 この記事は、自分なりに今週号のジャンプの感想・面白かったオススメ作品について書いたものとなります。

 「ジャンプ歴20年」の読者はどんな感想なのか?「分かる。今週は面白かった!」「自分はジャンプ歴は浅いけどその感想はおかしい!」みたいな感じで読んでくれたらうれしいです!

※普通にネタバレOKで書いていますので注意してください

週刊少年ジャンプ51号(2022)のおすすめ作品3選

「暗号学園のいろは」

 今週からスタートの新連載作品。

 次なる大戦にそなえ、日本に設立された「暗号学園」。

 そんな場所とも露知らず入学したいろは坂いろはは、入学初日からピンチの状況に。

 初日の課題である「自己紹介クロスワード」を解くべく図書室に籠っていたいろはの前に、眼鏡をかけたワケありげな少女・洞ヶ峠 凍ほらがとうげ こごえが現れます。

 実際ワケありだった凍は、いろはと同じクラスの東州斎 享楽とうしゅうさい きょらに追われているようでした。

 凍を庇ったいろはは礼としてスマートグラスをもらいます。その機能により初日の課題をクリアすることができたのですが、享楽に目を付けられたいろは更に難易度の高い暗号を解くことに……。

 原作・西尾 維新、作画・岩崎 優次で送る暗号解読学園ドラマ

 「一ノ瀬家の大罪」に次ぎ、新連載4連弾の2弾め。

 なにより注目なのは原作が西尾 維新というところでしょう。

 今作も随所で「西尾維新らしさ」が描かれていました。

 作画もストーリーもキャラデザも、ここ最近の新連載陣ではトップクラスで期待できるものでしたね

 ただ、個人的にセリフが「思想検閲」とか「言論弾圧」といった感じで黒塗りされていたのは寒く感じましたが(笑)。

 それを含めて「西尾維新らしさ」となっていますし、台詞回しや暗号など、西尾 維新先生の得意とするところなので面白く読めました。

 濃いめではありますが、「西尾 維新を読んだことがない」という人にも是非この独特な世界観を味わってほしいです!

週刊少年ジャンプ51号(2022):「暗号学園のいろは」より引用

「ONE PIECE」

 ベガパンクの人となりが分かる回でした。

 前話に引き続き、ベガパンクから話を聞くルフィたちでしたが、ボニーは聞く耳を持たずベガパンクを殺そうとします

 ただ、ボニーの拾ったビームサーベルは失敗作。(なぜか)ビームは大量に虫を引き寄せてしまうため、近寄ってきた虫を見てボニーは失神してしまうのでした

 その隙にベガパンクから更に話を聞くルフィでしたが、その内容は衝撃的なものでした。

 しかもベガパンクは「私をこのエッグヘッドから連れ出してくれんか」とルフィに頼み込みます。

 同時にエッグヘッドには「CP0」が乗り込み、「カマバッカ王国」では自我を失ったはずのくまが突如うごきはじめるのでした。

 ベガパンクが「ノミノミの実」の脳ミソ人間であることが明かされたり、ルフィたちが見つけたロボットが200年前に聖地マリージョアを襲撃したことが明かされたりと、今週も濃密な回となっていました。

 変人らしさはあるものの、やはりベガパンクは悪い人物ではなさそうです。

 気になるのは、「ベガパンクがエッグヘッドを離れたがっている」こととボニーに渡さなければならない物があるという点でした

 ここまできてルフィが「乗せない」というのも考えにくいですし、そうなるとベガパンクとボニーが(一時的とはいえ)「麦わらの一味」と共に冒険することになりそうですよね。

 徐々に明らかとなっていく「世界」の謎が面白かったです!

楽天ブックス
¥528 (2022/11/21 10:24時点 | 楽天市場調べ)

「SAKAMOTO DAYS」

 現ORDERと、元ORDERの激突がアツい回でした

 なんとかクラブジャムを倒したシンたち。途中、催眠をかけられた周はそれがきっかけとなり、父親である四ツ村の記憶をおぼろげながら思い出します

 「殺連関西支部」へ場面は変わり、その四ツ村への処分を現ORDERの南雲と関西支部支部長の福光が話し合っていました。

 南雲の強さも描かれましたが、同時に元ORDER四ツ村の強さも際立つシーンでしたね。

 さらに場面は京都へ移り、四ツ村と神々廻が火花を散らします。

 現ORDERでも勝てるか分からない四ツ村と神々廻が激突しそうになった瞬間、大佛の急襲によって戦闘の幕が開きました。

 お馴染みの現ORDER凸凹コンビと元ORDER四ツ村との戦いに期待値MAXな回でした

楽天ブックス
¥528 (2022/11/21 10:45時点 | 楽天市場調べ)

週刊少年ジャンプ51号(2022)の全体の感想

 面白かったです。

 表紙巻頭カラーは、新連載「暗号学園のいろは」、休載は「呪術廻戦」。

 「暗号学園のいろは」と上位掲載陣が面白く、先週から始まった「一ノ瀬家の大罪」も良かったです。

 終盤になるにつれて尻すぼみ感がありましたが、それを補う面白さがあったジャンプだったと思います

 「ハンターハンター」の連載再開と新連載陣2作の期待度もあり、ようやくジャンプも持ち直した感じが出てきました

 来週は「ONE PIECE」が休載ですが、それでも今のジャンプなら大丈夫でしょう!(何様)

 といった感じの今週号のでした!

 それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました。Twitterもやっていますので、良ければフォローしてくれると嬉しいです!

 →アカウントはコチラ

 

 副業としてブログを始めるものの❝177円❞しか得られていない男。

 「文章を書く」「本を読む」のが好きなのでブログは継続中。

 その他、【週刊少年ジャンプ】【Uber Eats 】【都市伝説】に関する情報を発信しています。

 ※Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。

うきっコをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました