【WJ】週刊少年ジャンプ25号 感想【2021】

ジャンプ

 どうも、うきっコです!

 僕はかれこれ二十年以上「週刊少年ジャンプ」を読んできています!

 この記事は、そんな『ジャンプ歴二十年』の僕が今週号のジャンプの感想・面白かったオススメ作品を書いていこうって感じの記事です!

 ジャンプを読んでいる人は自身の感想と照らし合わせてみたり、読んでいない人も「ジャンプ面白そうだな」って思ってもらえたら嬉しいです!

 

週刊少年ジャンプに掲載されている作品すべてを読んでいるわけではありません。

オススメ作品 三選

「呪術廻戦」

 自らの命と引き換えに姉・真希に力を託した真依。

 双子は呪術の世界では同一人物とみなされ、どちらかは呪力を持たないまま生まれる……というのは初めて知りましたが、ここは納得できる設定で良かったです。

 姉が持つことが叶わなかったその力を、「構築術式」で武器にしていました。これまでは銃弾の構築しか見たことがありませんでしたが、最後の術式では大きめの青龍刀の様な武器を作り出していましたね。

 対抗戦や姉へのコンプレックスといった心情など、真依は色んな意味で人間臭さがありました。

 実質、真希が強化された話となりましたが、寂しさも漂う話でした。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

「アオのハコ」

 先週あたりから千夏先輩と針生先輩の仲が気になって仕方ない主人公・猪股大喜。

 今週もモヤモヤしていますが、(バドミントン部の)部内戦で針生先輩とプレイ中、徐々に吹っ切れ自分の中で大切なものが見えてきていました。

 ラスト、見開きを使っての終わりは迫力があって良かったですね。

 ただ、まあ(甘)ずっぱいんでね。

 ここから先、僕はこのずっぱさに耐えられるでしょうか(笑)。

「アメノフル」

 今週のダークホース的存在でした。

 個人的に、「アメノフル」は打ち切り漫画感が凄いんで、オススメ作品に挙げることはもう無いと思っていましたので……。

 今週というより、入江トウカが本格的に絡み始めてから良くなってきたと思います。

 入江トウカは「有能なのか天然なのか分からない」って感じのキャラでしたが、今回のお話でかなりの実力者であることが分かりました。

 単純にこういったクセのあるキャラが好きなので、展開自体も好きでした。

 絵やストーリーに魅力は感じませんが、キャラの設定や見せ方によってはもっと好きになれそうな作品となりました。

全体の感想

 そこそこ良かったです。

 「Dr.STONE」「呪術廻戦」「逃げ上手の若君」「ウィッチウォッチ」など、新展開や話が大きく動く作品が多めなのも良かったです。

 「僕とロボコ」もくだらなくて好きでしたね。特にガチゴリラがメインの回はハズレが無いので(笑)。

 「マッシュル」も良かったんですが僕としては、もう少し校長が一対一で戦う姿を描いた方が好みでした。

 読切に「Bad Tripper」が掲載されています。画力もストーリーも申し分なく、本誌掲載もあり得る作品でしたね。

 ……といった、今週号のジャンプの感想でした。

 梅雨でどんよりした雰囲気ありますが、来週もジャンプ読んで乗り切っていきましょう!

 それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました!

 

うきっコ

 副業としてブログを始めるものの❝177円❞しか得られていない男。

 「文章を書く」「本を読む」のが好きなのでブログは継続中。

 その他、【週刊少年ジャンプ】【Uber Eats 】【都市伝説】に関する情報を発信しています。

うきっコをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました