【WJ】週刊少年ジャンプ24号 感想【2024】

ジャンプ

 僕は小学生の頃から「週刊少年ジャンプ」を愛読しており20年以上が経過しました!

 この記事は、自分なりに今週号のジャンプの感想・面白かったオススメ作品について書いたものとなります。

ジャンプ歴20年」の読者はどんな感想なのか?

分かる。今週は面白かった!

自分はジャンプ歴は浅いけどその感想はおかしい!

みたいな感じで読んでくれたらうれしいです!

※普通にネタバレOKで書いていますので注意してください

\32,000冊が無料!/
週刊少年ジャンプ24号(2024)表紙

週刊少年ジャンプ24号(2024)のおすすめの作品3選

ルフィと項目タイトル

 今週のジャンプのおすすめ作品を3つ紹介。

 単純な「面白さ」「今後への展開」などを基準にして選出しています。

 あくまで筆者自身の勝手な感想と偏見で選んだものですので、この3作品がジャンプで面白い・勢いがあるというわけではない点は注意してください

 今週からの新連載作品。

 主人公・須谷ねむるは頭にバケツを乗せて、転校初日から大遅刻をかます変わり者の少年。そんな彼はクラスメートに不思議な質問を聞きまわっていた。

「この辺でさ、物が消える怪奇現象とかきいたことない?」

 突拍子もないねむるの言葉に、クラスメートはコンビニで商品が消えた話を聞かせてくれます。

 そんなねむると同じクラスになった女子・佐山ことねも、何か事情があるようで……。

 思っていたよりちゃんとした作品でよかったです。

 タイトルが「さいくるびより」なので、「自転車の漫画?」とか思って読み始めると頭にバケツ乗せた少年が主人公だし、クラスメート達の会話が「ルリドラゴン」を思わせるような気の抜け方で大丈夫かよって感じでした。

 ただ、読んでいくとねむるが見た目よりヤバいやつではない(話が通じそう、常識がある)ことが分かったので安心して読み進められました。

 また、中盤から終盤にかけて「超能力=さいく」ということが分かり、ねむるとことねの事情を上手くまとめて締めた感じが上手かったです

 総じて、タイトル・キャラ・画風以上にまともな作品だなというのが、1話での評価です。

楽天Kobo電子書籍ストア
¥290 (2024/05/13 21:10時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

 ベガパンク全部言うやん。

 ベガパンクのメッセージがいよいよ世界中に流される様子が描かれていました。

 今週は、それを聞いた世界中の人たちの反応がメインといった感じ。

 重要なところで五老星たちの手で配信が止められるかもしれないと思っていましたが、そんなことはなく、これまでオハラの学者やごく一部の登場人物しか知り得なかった情報が世界の人達に知られてしまいます。

 特に”空白の百年”という白紙とされた歴史の存在。その途切れた歴史の真実を知るには「歴史の本文ポーネグリフ」を読み解くしかないとまで明かしてしまいます

 この辺りで天竜人が「死刑では済まんぞ!死体を持て!切り刻んでやる!」とかなり物騒な発言をしているあたり、本当に知られたくない歴史であることが分かります。ただ、天竜人全員が知っているわけでもなく、本編を見るかぎり若い世代の天竜人も知らないのかもしれません。

 文字通り歴史が動きそうな重大な発表にくわえ、最後にはジョイボーイについても語りはじめベガパンクがもう止まりません!

 いよいよジョイボーイや空白の百年に触れはじめ、ワンピースが最高に面白くなってきました!

楽天ブックス
¥528 (2024/05/13 21:22時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

 王道がアツすぎる。

 AFOまで出久を辿り着かせるため、駆けつけたクラスメートたちがバトンを繋ぐように、そのための道を切り拓いてくれます。

 なんかAFOもスゲー強そうな攻撃してくるけど、そういうのどんどん乗り越えてって、その様子を画面で見ている人たちも「頑張れ!」って応援してくれるんですね。

 がんばれ、ガンバレ、頑張れ!

 それを見たAFOはついに緑谷 出久というヒーローの強さを悟ります。

「その弱さがオールマイトにはなかった」と。

 その弱さがこいつらを何度でも立ち上がらせているのだ、と。

 お茶子の出久への最初の言葉「頑張れ!って感じでなんか好きだ、私」

 オールマイトの「あの日からずっと君は、私の最高のヒーローだったよ!」

 全部ふくめた皆の応援が、AFOへの道を切り拓き、今回のタイトル「No.422 緑谷出久:ライジング」バン!で終わり!

 これでいい!最終決戦はもうこんな感じでええ!

楽天ブックス
¥528 (2024/05/13 21:39時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

週刊少年ジャンプ24号(2024)の全体の感想

錨をバックにゾロとナミとサンジ

 面白かったです。

 今週の表紙巻頭カラーは新連載「さいくるびより」、休載はなし。

 面白い作品が多くて、久しぶりに読んでて良かったと思えるジャンプとなりました。

 おすすめに挙げた作品3つもそうですが、今週は「SAKAMTO DAYS」「カグラバチ」「極東ネクロマンス」「鵺の陰陽師」と、面白い作品が並びました。ギャグでは「僕とロボコ」も良かったです。

 特に目を見張ったのが「極東ネクロマンス」。言語化できませんが、全部よかったです。明らかに成長してる。

 悪い作品がない。

 今週はそれだけでも良かったのに、ちゃんと面白い作品が並んでいた。以上!

 そんな感じの今週号でした!

 それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました!X(エックス)もやっているので、良ければフォローしてくれると嬉しいです!

 →アカウントはコチラ

 

 副業としてブログを始めるものの❝177円❞しか得られていない男。

 「文章を書く」「本を読む」のが好きなのでブログは継続中。

 その他、【週刊少年ジャンプ】【Uber Eats 】【都市伝説】に関する情報を発信しています。

 ※Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。

うきっコをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました