【WJ】週刊少年ジャンプ28号 感想【2021】

ジャンプ

 どうも、うきっコです!

 僕はかれこれ二十年以上「週刊少年ジャンプ」を読んできています!

 この記事は、そんな『ジャンプ歴二十年』の僕が今週号のジャンプの感想・面白かったオススメ作品を書いていこうって感じの記事です!

 ジャンプを読んでいる人は自身の感想と照らし合わせてみたり、読んでいない人も「ジャンプ面白そうだな」って思ってもらえたら嬉しいです!

 

週刊少年ジャンプに掲載されている作品すべてを読んでいるわけではありません。

オススメ作品 三選

「高校生家族」

 今週いちばん良かった作品です。

 まさかの「高校生家族」です(笑)。

 なんというか、レベルが高いお話でした。

 これまでは親父メイン回が一強で、それ以外の家族がメインの時はパッとしない……というよりは、親父が強すぎるだけなんですけど(ネタ的に)。

 ただ今回は家族全員の持ち味が活かされていた上、新キャラ「じいちゃん・ばあちゃん(母方)」がまた面白くて良かったです。

 田舎あるあるというか、「聞いたことない果物」や「郷土料理」に「銘菓」といった『誰もが共感できるネタ』がアクセントになっていて全体的に完成度高めでした。

 ギャグではありますが、ここまでの成長を見せられると今週いちばんと言っても良いと思います(何様?笑)。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

「逃げ上手の若君」

 長寿丸(時行)率いる『逃若党』+吹雪VS瘴奸入道率いる『征蟻党』の戦いが本格的になってきました。

 外道である瘴奸に対し容赦なく刃を向ける長寿丸でしたが、相手もまた強敵。

 密室での戦いにも理がある瘴奸に押され始める長寿丸ですが――。

 「逃げ上手の若君」って、ある程度の強敵との戦いになると

南北朝鬼ごっこ ●●鬼 『その人物の名前

週刊少年ジャンプ28号(2021)「逃げ上手の若君」より引用

 って筆記体で表されるんですけど、これがゲームのボス戦開幕を意識させてくれてテンションあがるんですよね(笑)。

 これ良いですよね……特に和風とマッチして緊張感も高まるというか(笑)。

 単純にアツい展開で次回が気になります!

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

「SAKAMOTO DAYS」

 今週の表紙巻頭カラー。

 坂本がたくさん喋り、その実力をいかんなく発揮する回でした。

 ただ、個人的に一番の盛り上がりはラストに眞霜平助が登場するシーンでした。

 まさか参戦するとは思ってなかったので(笑)。

 ルーが攫われた直後くらいに商店に来た……ような記憶はありますが、存在自体忘れかけていたものですから。

 好きなキャラが出てくるのはテンション上がりますね。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

全体の感想

 普通でした。

 「呪術廻戦」が一か月ほどの休載となり、今週はわずか9ページの掲載となりました。

 前々週の表紙巻頭カラーの時点で切羽詰まっているというのは見て取れましたので、「まあ、こうなるか……」といった感想しかありませんでした。

 この際だから書いておきますが、最近のジャンプ読者……というより『特定の作品のファン』は甘すぎる気がするんですよね。

 もちろん芥見先生の多忙も極めた中での作業を心配してのことだとは思いますが、「編集は休ませろ」「また作家潰す気か」とか言う人が一定数います。

 そこじゃない気がするんですよ。芥見先生だから休んでいい、ネーム原稿掲載でも良い。

 個人的にそういう善意みたいな「自分達ファンは分かっていますよ」みたいな感覚が、最近ほんとに気持ち悪いんですよね。

 じゃあ、毎週休まずに原稿仕上げている作家はどうなるんだよって思っちゃって。

 僕は「ちゃんとした漫画が読みたい」ですよ。単行本でなく本誌派だからかもしれませんけど。

 漫画家=プロなんだから原稿仕上げられなかったら、そこは「おいっ!」ってなります。

 「ワンピース」の尾田先生でさえ三週に一週は休載するペースでやってるんですから、無理そうならそういうスケジュールでやっちゃダメなんでしょうかね(「呪術廻戦」に限らず)。

 勘違いしてほしくないのは、休載するのは良いんですよ。体調悪いならしっかり治してから連載に戻ってほしいですから。

 中途半端にネームで掲載されるのが嫌なんですよ(笑)。

 「ハンターハンター」は諦めてますけど、「銀魂」でこれやられた時は本当にガッカリしましたから。

 脱線しましたが、今週の感想に戻ります(笑)。

 今週も脇が固められていたというか、「高校生家族」が一番オススメにした辺り看板作品がいくつか休んでも読めるジャンプになりつつある……そんな気持ちにさえしてくれました。

 読切が三作品掲載されていたのもそう感じさせる要因になったかもしれません。

 【ジャンプ・ショート・フロンティア】枠で掲載された「夢操縦」が三つのなかでは一番よかったです。

 ありきたりな始まりと設定だなと思いつつも、途中からのどんでん返しが良い感じに驚かせてくれました。やはりホラーと短編は相性いいですね。

 ……とまあ、そんな「お気持ち表明」入りの今週のジャンプ感想記事でした。

 それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました!

 Twitterもやっていますので、良ければフォローしてくれると嬉しいです!

 

うきっコ

 副業としてブログを始めるものの❝177円❞しか得られていない男。

 「文章を書く」「本を読む」のが好きなのでブログは継続中。

 その他、【週刊少年ジャンプ】【Uber Eats 】【都市伝説】に関する情報を発信しています。

うきっコをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました