【Uber Eats 】トラブル発生!初めてサポートに電話した日【日記】

副業

 この記事は、Uber Eats 配達パートナーとして稼働した日のことをまとめたものとなります。

 つまり、ただの日記です。

 たいした内容ではありませんが、

Uber Eats が好き

配達パートナーがどんな事を考えているのか気になる

配達パートナーをやってみたい

 といった人は面白く読めるかもしれません!

6月5日 晴れ

 いつもどおり昼前の11時頃にUber Eats ドライバーアプリをオンラインに。

 依頼が来るまで自宅待機……と考えていましたが、すぐに依頼が入りました。

 1件目は「やよい軒」からでした。

 その後は「近所の丼ぶり屋」さん……と、昼前はやはり結構鳴ります。

 そして何より、この日は「マクドナルド」から合計4件の依頼が入ったのが大きかったです。

 というのも、マクドナルドからの依頼は一か月ぶりだったからです!

Uber Eats 配達パートナー豆知識:「マクドナルド」

 配達パートナーの間では「マクドナルドからの依頼は絶対に取れ」というものがあります。

 特に配達パートナーを始めたばかりの人は「マクドナルドで配達に慣れろ」とも言われるほどです。

 これは「長距離の移動がない」というのが主な理由。

 加えて、マクドナルドは「商品の梱包が安定している」「ダブルでの配達がない」というのも初心者に優しい理由です。

Uber Eats 配達パートナー豆知識:「ダブル配達」

 一つの店舗から❝二件の依頼を受ける❞ことをダブルといいます。

 二件ぶんなので商品が多くなり、初心者はウバッグに詰めるのも苦労する上、「渡す商品を間違えるかもしれない」というリスクも伴います。

 加えて、配達ルートはAIが決定しているらしく自分では選べません。近い注文者からの配達となりますが、場所が悪ければとんでもない距離を移動することとなります。

トラブル発生!

 そんなマクドナルドからの依頼が終わった直後、今度は「タピオカ屋」からの依頼が入りました。そこに向かっている途中。

見覚えのない番号から電話が

 電話番号とは思えない感じで、不審感と移動中というのもあり取りませんでした。

 そしてタピオカ屋に到着し、商品を受け取った後、今度は非通知から電話がかかってきました。

 先ほどの番号と無関係には思えず、「何かある」と感じ電話に出ました。

 相手は先ほどのマクドナルドの注文者でした。

注文者
注文者

さっきマクドナルド届けてもらった者だけど

うきっコ
うきっコ

はい、どうかされましたか?

注文者
注文者

ケチャップとマスタードが入ってなかったんだけど?

うきっコ
うきっコ

……分かりました。それではこちらからサポートの方に連絡いたしますので、少々お待ちいただけますか?

注文者
注文者

え?いや、また届けてくれるとかじゃダメなん?

うきっコ
うきっコ

すみません、こちらもサポートからの指示を仰がないと、ちょっと動けないんですよ

 みたいな会話をしました。

 相手の反応を察するに、キレては無いけどキレる寸前みたいな感じでした。

 この時の僕の頭は「とにかくサポートに連絡する」の一点しかありませんでした。

 焦っていたからではなく(初めてのことだったので若干焦りはありましたが笑)、僕じゃ解決できないことだったからです。

 問題の原因は「ケチャップとマスタードの入れ忘れ」です。

 これは僕の責任ではありませんし、ここで謝っても解決しません。ましてや自分の判断で再度マクドナルドへ行き「ケチャップとマスタード」を受け取るなんてことは絶対にしてはダメだと考えていました。

Uber Eats 配達パートナー豆知識:「サポート」

 ドライバーアプリには警告マークのようなボタンがあり、そこで色々な問題に対する報告ができます。

 【注文は受けたが量が多すぎるためキャンセルしたい時】や、今回のように【注文者との間でトラブルが発生した時】などです。

配達パートナーと注文者の言い分

 注文者からしたら「ケチャップとマスタードが入ってなかったんだから、配達した人が再配達してよ」という言い分だと思うんですよ。

 これ自体は理解できます。分かりやすいし、そう思って仕方ないとも。

 ただ、配達パートナーの立場からしたら……出来ないんですよ。

 仮にそれをやったとします。届けます。

 報酬は払ってくれるんですか?

 ってなるんですよ。こんなこと言ったらブチ切れられるので絶対言いませんけど(笑)。

 Uber Eats の配達パートナーは「善意」や「やりがい」で動いているわけではありません。

 「収入が得られるから」「稼げるから」なんですよ。

 無責任っぽく聞こえるかもしれませんけど、今回に関しては責任ないですから。「店舗側の入れ忘れ」なんて対処出来ませんし。

 以上の理由から「早くサポートに連絡しよう」と思いました。

 ただ、この考えが正しいかどうかは分かりません。

 僕に責任があると感じれば謝罪等もしますが……。

サポートに連絡してみた

 注文者との会話をいったん終了し、すぐにサポートに電話しました。

 それでもあまり安心感はありませんでした。

 「繋がるまで長い」「数分かかる」みたいなことを聞いていたからです。この時は既に次の注文者への商品も受け取っていたため、どんどん焦り始めていました。

 すると……

 「Uber Eats サポートセンターにお繋ぎします

 とメッセージが流れ、そのあとすぐに英語でのメッセージも流れました。おそらく同じことを言っていたと思います。

 ここから長いのか、と覚悟しました……が、十秒くらいで繋がりました(笑)。

~以下の会話内容はあやふやな記憶のものです~

サポート
サポート

Uber Eats サポートセンターの○○が担当いたします。

本日はどのようなご用件でしょうか?

うきっコ
うきっコ

(え、めちゃ早っ)あ。あの、先ほど配達が完了した注文者から――

(概要説明)

サポート
サポート

「マクドナルド〇〇店」からの注文ですね?

 突然ですが、ここメチャクチャびっくりしました!

 こっちの名前とか一切聞かれていないのに、間髪入れずに「マクドナルド○○店」って分かってるんですよね。これで一気に安心したことを覚えています(笑)。

うきっコ
うきっコ

そうですそうです!(安心感から若干テンション上がってる)

サポート
サポート

かしこまりました。

それでは、以降はこちらが引き継ぎいたしますので。

他になにか質問等ございますでしょうか?

うきっコ
うきっコ

僕から注文者に話とかしなくて大丈夫ですか?

サポート
サポート

はい。

あとはこちらで全て引き受けますので、次の配達に向かっていただいて大丈夫ですよ。

 頼もしッ!!いや、頼もしすぎんかUber Eats のサポートセンター!

 そこから僕自身に電話やメールでの連絡は一切なく、そのままこの件は終わりました。

 まあ、どんな風に解決したのか分からないのがちょっと不安ですが……(笑)。

おわり

 初めてサポートに電話をし、想像以上に頼もしいことを知れた日でした。

 途中にも書きましたが、配達パートナーの心情とかはまた別記事にして出せたらと考えています。

 まあ、でも、トラブル無しで一日終わりたいものですね。

 そんな感じの6月5日の配達パートナー日記でした。

 また、稼働中のヒマな時などはTwitterでつぶやいていたりしますので、良ければフォローしてくれると嬉しいです!

 それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました!

Uber Eats の注文はコチラ!/

【a】Uber Eats  フード注文

\配達パートナーの登録はコチラからどうぞ!/

【a】Uber Eats 配達パートナー募集

 

 副業としてブログを始めるものの❝177円❞しか得られていない男。

 「文章を書く」「本を読む」のが好きなのでブログは継続中。

 その他、【週刊少年ジャンプ】【Uber Eats 】【都市伝説】に関する情報を発信しています。

 ※Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。

うきっコをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました