Uber Eats の報酬が4円に!?世はまさに『大配達時代』!

副業

 今朝がたTwitterをのぞいてみると

Uber Eats の配達報酬が4円になっている!」

 という衝撃的なツイートが飛び込んできました。

 この件について、新人配達パートナーである僕が真相を書いていきたいと思います――。

【a】Uber Eats 配達パートナー募集

配達報酬が4円になった理由

 バグです。

公式からもこのように説明されています

 終~了ーっ!!

 おつかれさまでしたー。

 ……ふざけてんのかと思われるかもしれませんが、別にそんな気持ちはないです。はい……。

 そもそも、Uber Eats の配達パートナーを長くしている人ほどこの件に関しては「ああ、またか」くらいでいたと思います。

 その理由を書いていきますね。

これが初めてじゃない

 配達パートナーをしていない一般の方は知らなくて当然ですが、今回の様な「極端に報酬が低い」といった事態はこれが初めてではないのです。

 そして、そのような状態になるタイミングも同じであったため、ほとんどの配達パートナーは気にしていなかったはずです。

 そのタイミングというのが、【報酬の新料金体制】です。

 今年の三月頃にも「報酬が一律300円になった!」というような事態がありました。

 これは東京などに先行して【新料金体制】が実施された京都・福岡エリアでの話です。

 そして、その【新料金体制】は近いうち(5/10?)東京にも適応されるのです。

 なのでシステム面での調整やらなにやらで、そのような表示(バグ)が出たのだと僕個人はそう考えていました。

注意

これらの情報は、あくまで僕がUber Eats を始めるにあたって情報を集めていた際に知りえたものであり、実際に体験したわけでも誰かに直接聞いたものでもありません。

専業の配達パートナーほど焦らない理由

 仮にバグでなく、本当に一律4円になっていたとしても専業の(ガチで稼働している)配達パートナーは焦らなかったと思います。

 その理由は簡単で、

他のフードデリバリーサービスで稼働すれば良いから

 です。

 その理由を解説していきますね。

世はまさに『大配達時代』!

 現在日本で有名なフードデリバリーサービスといえば

Uber Eats出前館

 だと思われます。

 しかし今は多くのフードデリバリーサービスが参入してきており、その数はどんどん増えてきているのです。

 パッと思いつくだけでも

foodpanda(フードパンダ)

menu(メニュー)

DiDi Food(ディディフード)

Wolt(ウォルト)

 などがあります。

 つまり、「Uber Eats で稼げなくなったら、他のデリバリーサービスで稼働すれば良い」というわけです。

 「そんなことしていいの?」

 と思われるかもしれませんが、Uber Eats の配達パートナーは社員でもバイトでもないので、複数を掛け持ちすることは可能なのです。

 またUber Eats を始めるにあたって揃えたアイテムは、他のデリバリーサービスでも使用できます。

  • ウバッグ(サービスによっては不可)
  • 自転車・バイク
  • スマホホルダー等の各アクセサリー

 なんかは問題なく使えます。やることは一緒なのですから。

 あと、ガチでやっている人が有利なのは「土地勘」です。

 Uber Eats 配達パートナーとして覚えたその地区の特徴や的確なルート選びはそのまま生かすことができます。やることは一緒なので。

 以上の点から、今回の報酬問題はそれほど問題視されなかったというわけです。

 また、この『大配達時代』に配達パートナーが抜けていくような事態はUber Eats だって避けたいはずなのです。

 こんな状況で配達パートナーの士気が下がるようなことはしないと思うんですよね。

 蛇足になりますが、Uber Eats出前館以外の新勢力は「報酬単価が非常に高い」「シフトを提出することで最低時給報酬を支払う」などかなり攻勢をしかけています。

 これに対しUber Eats がどのように対処するのか……新人配達パートナーとしても注目していきたいと思います。

 それでは、今回はこれで終わりです!

 ここまで読んでいただきありがとうございました。

【a】Uber Eats 配達パートナー募集 【a】Uber Eats  フード注文

 

うきっコ

 副業としてブログを始めるものの❝177円❞しか得られていない男。

 「文章を書く」「本を読む」のが好きなのでブログは継続中。

 その他、【週刊少年ジャンプ】【Uber Eats 】【都市伝説】に関する情報を発信しています。

うきっコをフォローする

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました