一日一件だけUber Eats してる話

副業

 僕は副業としてUber Eats の配達パートナーをしているのですが、ここ最近はあまりにもヒマで10件配達するのも厳しい状態でした。

 一件鳴るのにも最大2時間くらいかかる時もありましたからね。

Uber Eats 配達パートナー豆知識:「鳴る・鳴らない

配達パートナーの「ドライバーアプリ」は配達依頼が来ると音が鳴ります。

これにより、

依頼が来る=鳴る

依頼が来ない=鳴らない

といった感じで使われます。

 ――そんな時、閃いたのです。

「1日1件でもやってればクエスト達成するのも簡単になるんじゃ?」

 というわけで、この記事では

・1日1件Uber Eats したらどんな感じなのか

・1日1件の配達に意味がある理由

 を書いていきます!

 記事の最後に「初めてUber Eats を利用する方❝限定」のお得なプロモーションコードも掲載しています!この機会に是非Uber Eats を利用してみてくださいね!

1日1件Uber Eats したらどんな感じ?

 1日1件Uber Eats が何かと言うと❝平日本業終わりに、帰宅してから1件だけ配達する❞ことです(Uber Eats 用語でもなんでもなく、僕が勝手に言ってるだけです)。

 で、まあそれをやったわけです。月曜から金曜までの5日間。

 結論は、

 でした。

 学校の宿題とかあったじゃないですか。あれより楽。

 1件だけですからね。「あと5件やらないとクエスト達成できない!」とか変な焦りが何も無く、鳴らないなら別にそれでも良いし、遠かったら断るし、とノンストレスでした!

Uber Eats 配達パートナー豆知識:「クエスト」

 Uber Eats で「〇〇件配達したら1000円を特別報酬として加算します」のように、いわゆるボーナスとして設定されているのがクエストです。

 月曜日から木曜日のクエストを『日跨ぎクエスト』、金曜日から日曜日のクエストは『週末クエスト』と呼ばれています。

 2021年末に仕様が変更し、少ない配達件数でも報酬がもらえるようになりましたが、専業の配達パートナーからは「報酬が減った」という意見も。

 近所のコンビニで商品受け取って自宅近くのマンションまで届けて終わり。その間に2件目が鳴れば(近ければ)行く。

 それを平日毎日やる。

 するとどうなるのか?

 本格稼働する土曜日に大きなアドバンテージが得られるのです!

捕捉

 楽と感じたのは個人的には季節も関係あったと思います。

 暑い時期ではありますが夕方は若干暑さも抑えられ、なおかつまだ明るいです。そんな時間帯に自転車を漕いでいると、なんかエモい気持ちになるんですよね(笑)。

 帰宅してる学生とかだべっているだけのおじさんとか、道路で寝転んでいる猫とか。

 そんな風景を見ながら配達するのはかなり楽しかったです。

1日1件に意味があるのか?

 Uber Eats で稼ぐためにはなにより❝数をこなす❞必要があります。

 1日1件するんだったら休みの日に何件もやれば良くない?と思われる人もいるでしょう。

 実際、少し前までは僕も1日1件とはいえ毎日Uber Eats 稼働する気にはなれませんでした。

 しかし、「クエストの仕様変更」によって事情は変わってきました。

クエスト期間が1週間単位になった

 これまでUber Eats のクエストというと

 ・月曜から木曜までの『日跨ぎクエスト

 ・金曜から日曜までの『週末クエスト

 の2種類があり、それぞれに報酬が設けられていました。

 しかし、去年末くらいに仕様が変更されクエストは1週間単位となりました。

 つまり月曜から日曜までの間にクエスト達成すれば良いことになったんですね。

 専業でやっていた人にとっては受け取れる報酬が1種類だけになってしまうので批判的な意見もありましたが、僕みたいな副業勢にとっては嬉しい仕様変更でした。

 こんな感じで、1週間❝通し❞での設定になっています。

 上の画像の場合、合計15件で+2,250円の報酬が得られます。※5回刻みで報酬は受け取れます

副業勢の多くは土日祝日などに週一回の稼働をしている人が多いため、そもそもクエスト達成自体をあきらめているところがありました。

本格稼働する土曜日のアドバンテージを稼ぎやすくなった

 一週間❝通し❞でのクエストなので、1日1件でも積み重ねていけば馬鹿にできない数となります。

 僕は土曜日に多くの件数をこなしますが、最初に書いたように「1件鳴るのに2時間」というのも珍しくない状況です。クエストは現在15件ですので、最悪1日かけても達成できない可能性もあります。

 ……まあそれは言いすぎなところありますけど、僕が配達している地域は1日10件やるのが精いっぱいな日も多いです。

 そんな時、平日1日1件だけの稼働が活きてくるんですね。

 月曜~金曜までの5日間で合計5件は配達しているので、クエスト達成までの件数が10件にまで減っているのですから。

 このアドバンテージは本当にデカいです。時間に変換すると10時間のアドバンテージになりますから(1件に2時間かかっていれば)。

 15件スタートと10件スタートだと気持ちの持ちようも変わってきますし、調子よく終われば昼ごろにはクエスト達成できます。

 別にクエスト達成のためにUber Eats やっているわけでもありませんが、やる気が大事なところもありますので1日1件Uber Eats はライトな副業勢には大いにオススメできます。

 この場合だと、月曜日に2件やってそれ以降は平日1件ずつ、土曜日は9件やって計15件ってかんじです。

 若干グラフに差があるのは、雨クエの報酬が加わっているからです。

Uber Eats 配達パートナー豆知識:「雨クエスト」

 Uber Eats の配達パートナーにはクエストと呼ばれる、いわゆる「ミッション」のようなものが課されます。

 強制的なものでなく「〇日から〇日までに△△件配達を完了する」といった感じに、配達件数をある程度達成すると配達報酬とは別に報酬がもらえます。達成できなくともペナルティはありません。

 雨クエストとは❝雨の日のみ現れる限定的なクエスト❞で、通常のクエスト内容よりもおいしいものとなっています。

 これは「雨の日はUber Eats の需要が高まるものの、稼働している配達パートナーは少なくなる」ためで、こういったボーナスで雨の日でも配達パートナーを増やすためだと思われます。

 ✔10時30分~15時00分までに【12件配達を完了する】と〇〇円の報酬

 ✔17時00分~22時00分までに【12件配達を完了する】と〇〇円の報酬

 みたいな感じです。

おわり

 個人的には休日に一気に何十件とやるよりは、1日1件で数を稼ぎつつ、休みの日に残り10件くらいまでもっていく方が色々と楽で良かったです。

 また、以前と比べてUber Eats も鳴りにくくなっていますので1件の重みは大きくなっています。副業勢の方は「1日1件」試してみてはいかがでしょうか。

 はじめは「めんどくさ」と思うかもしれませんが、いざやってみると面白いですし、そのまま5件くらい行けそうなら行っちゃって休みの時間を確保しちゃいましょう(笑)。

 それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました。Uber Eats 稼働日のヒマな時間帯なんかはTwitterでツイートしたりもしていますので、良ければフォローしてくれると嬉しいです!

 

 副業としてブログを始めるものの❝177円❞しか得られていない男。

 「文章を書く」「本を読む」のが好きなのでブログは継続中。

 その他、【週刊少年ジャンプ】【Uber Eats 】【都市伝説】に関する情報を発信しています。

 ※Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。

うきっコをフォローする

Uber Eats プロモーションコード

 ❝初回注文限定1,000円OFF!

(最低注文金額1,500円)

プロモーションコード:「JPEATS70S(使用期間:2022/9/1~9/30)

 ※初めての方であればどなたでもご利用できます。

 ※下のバナーからアプリのダウンロードと注文が出来ます。

Uber Eatsの注文はコチラ!/

【a】Uber Eats  フード注文

\配達パートナー登録はコチラからどうぞ!/

【a】Uber Eats 配達パートナー募集

コメント

タイトルとURLをコピーしました