残業しなくなったら人生ちょっと楽になった話

ブログ

どうも、うきっコです!

今回は大した話ではないのですが、僕が残業しなくなった理由を書いていこうと思います。

そうです。僕は残業をしません(笑)。

当たり前な話ですが、残業しない方が楽ですよね?でも、世の中には残業という言葉が蔓延っています。どうして「しんどい」ことをみんなやるのでしょう?

多分、理由とかいちいち考えたりしない人も多いと思います。

でも、「理由」を考えて「答え」を出せたら人生はちょっとだけ楽になるはずです!

以前は残業しまくっていた

……とまあ、偉そうなことを書きましたが、僕も昔は残業してました(笑)。理由?そんなもの考えたこともありません

今はどうか分かりませんが、僕が社会人になった頃って「残業はするもの」「残業してこそ社会人!」みたいなイメージがどこかにあったんですよね。「エナジードリンク飲んで頑張ってる自分、かっこいい!」みたいな(笑)。

ゾッとしますよね!

「そういうもの」ってイメージは、かなり強く人を縛ると思いました。右も左も分からない新社会人にとって、謎のルール思い込みっていうのは一種の呪いです。

なので、残業っていうのはもう、呪いなんですよ(笑)

ただ、人によって会社や環境・業種というのも様々でしょうから、一概に「残業=悪」と決めつけるのは乱暴だとは思います。あくまで僕が社会人となって今に至るまでの感想でしかないということをご理解下さい。

そんなルールや呪いに縛られていることを理解できないまま、言われるがまま、そして断ることができない性格から、僕は頼まれれば残業しては夜遅くに帰るという生活を続けていました。その結果、禿げました(笑)。

何のために残業するのか考える

そもそも、どうして残業なんてするのでしょう?

終わらないからですよね。

でも、それって僕やあなたのせいなんですか?

大前提として、仕事中は一生懸命働きますよ?休憩時間になれば、何があっても休憩します。帰宅時間五分前には帰る準備をしてさっさと帰ります。残業はしません。

だって、一生懸命働いて終わらないんだったら、僕ではなくて上司や会社の問題じゃないですか。

例外として、たとえば「今日残業したら、明日休み」と言われたら残業します(笑)。一時間無駄にしたとしても、次の日の数時間を確保できるなら、そっちの方が魅力的なんですよね。

ただ、僕は非正規なのでその分の給料は減るんです。逆に考えたら「残業したら収入は増える」んです。だから残業したがる(人が多数存在する)んです

僕よりも上の世代の人は!

残業ちょっとしただけで貰えるお金より、さっさと帰ってやりたい事やってる時間の方が何百倍も価値があると思いませんか

こういう考え方だから、「今日残業したら明日一日休み」が魅力的だし、これなら意味があるって思うんです。

その残業には意味があるのか、無いのか

僕が残業するとしたら、「明日休める」等のような残業時間以上の時間を確保出来る場合だけです。

直前にも書きましたが、これなら意味があるって思えるんです。

では、意味が無い残業ってなんでしょう?

僕は「仕事が終わらない」んだったら意味が無いと考えてます。今日残業して、明日から普通に帰れるのであれば最悪残っても良いかもな、って。でも、たくさんの人が残業をほぼ毎日しているんですよね?月何十時間って話もよく聞きます。

たとえば、僕の職場の話になるんですが……。

一日の仕事量が70ポイント必要」で、「みんなが普通に一生懸命働いたら:80ポイント」としたら普通にやっていれば終わりますよね。でも季節や時期によってはかなり多い仕事量になる時もあるんです。

一日の仕事量が100ポイント必要」ってなった時、普通にやってたら終わらないじゃないですか?なので『普通に働いた80ポイント』と『残業して働いた10ポイント』を合わせます。

それでも終わらないですよね。10余りますものね。これは翌日に回します。そうなると……。

昨日の仕事量残10ポイント」+「一日の仕事量が100ポイント」=「110ポイント必要

ってなります。で、もう分かると思うんですが、一日に減らせる仕事量の限界は「90ポイント」くらいがせいぜいなんですよ。絶対終わらないんですよ(笑)。

じゃあ、残業って意味無いですよね(笑)。頑張ってるのに終わらないんですから。

まあ、やらないよりはやった方が傷口は浅くなるので、やった方が良いって意見はわかるんです。

でも、これは忙しい時の話で、普段は残業しなくても10ポイント余ってるんです。だったら、そこで巻き返していけばいい話で(あくまで僕の職場の話ですが)。

それに勘違いしてる人多そうですが、残業したらその分疲労は溜まっていくので、パフォーマンスは下がります。それが原因で一日休むと、それを取り戻すのに数日かかります。

結局、一日一日を決められた時間休まずに働いてさっさと帰った方が良くないですか

残業しないために

僕の場合、こういう問題は結果からまず考えます。

早く帰る」という結果を想像して、「そのためにはどうすれば良いか」の答えを出して、それを実行するんです。大前提として、仕事は一生懸命します

「残業しない」=「仕事を残さない」と考えると、仕事を早く終わらせれば良い。早く終わらせるには無駄な事はやってられない。なので、それを黙々とこなす。

それで終わらなくても良いんです。そしたらまた別の方法を試してみるだけです。

こういう流れを繰り返します。「○○をやったらちょっとだけ早く出来た」「○○はダメだった。余計に時間がかかった」と、自分の中でプラスとマイナスの経験を積み重ねて、プラスになった行動だけを残していくんです

「それでもダメだ。残業しなければ終わらない」となるのであれば、それはあなたの問題ではありません。気にしたところで問題は解決しないので、考えるだけ無駄です。

ここで「常に一生懸命働く」という意識が活きてきます。ダラダラしてたらその分、残業しなければいけない理由は自分に返ってきます。でも、一生懸命働いて、たくさん自分でも考えて動いているのにダメだとしたら……それはもう。

会社の責任!

と放り投げちゃいましょう(笑)。実際そうなのですから、気に病む必要なしです!でも、早く終わるための試行錯誤は続けていってくださいね。

そもそも残業は「異常」だと認識する

残業は古代のサラリーマンが残した悪習であり、今現在もそれがこびりついているものだと認識しなければなりません。つまり、現代では異常なんです

逆に自分が社長になったと考えてみてください。会社の目的や計画等で、最初から残業しなきゃいけないような働き方を社員にさせますか?

しないですよね?(笑)「あーこれ、労働時間〇時間以上ないと回らないな」って思ったら、最初っからそれを明記して募集しますよね。後から「じゃあ残業してね」なんて、人間性を疑いますし、辞められても文句は言えません。

でも法律があるから堂々と言えないわけですよね。だったら社員は時間になればさっさと帰っても問題ない話です。

何度も書きますが、終わらないのは社長・上司の責任です人が足らないなら人を増やせば良いだけですし、人が集まらないなら今いる従業員にやる気を出してもらうだけです(一時的とはいえ給料アップ・ボーナス支給等)

上記の内、一つでも出来ないならその企業は破綻しているんです。潰れるべき会社なんです。

自分の時間の価値を自覚する

僕やあなたの時間は、貴重なものなんです。一分だって無駄にしてはなりません。それを使わせてくれというのが「残業」です。

大切なのは、「勤務時間」と「勤務時間外」の価値です。勤務時間は会社と社員の両方で決めた事ですので給料(時給)は会社に従いますが、それ以外の時間を使わせてくれというならその5倍は要求したって良いと思います

それほど、僕やあなたの時間は貴重なんです。社員でもバイトでもそれは関係ありません。まずはその価値をちゃんと自覚しておく事です。

ここまで読んでくれたらもう分かるはずです。残業の異常性が。サービス残業なんて人間のすることではありませんよ。

まとめ

そもそも残業を嫌いになったきっかけは、その無意味さです。

僕の職場は朝礼みたいなものがあるんですが、そこでは「今日の仕事量は○○くらいあります!残業できる人はお願いします!」のような話がされます。

で、僕もそれを終わらせるために残業して、みんなで頑張ってそれを終わらせました。

翌日の朝礼——「昨日はみなさんのおかげで終わることでができました。ありがとうございます!そして今日の仕事量は○○です!(昨日より多い)残業できる(以下略」とか言ってくるんです(笑)。

一生終わらねえじゃねーか!!(笑)

根本的な部分(仕事のやり方・システムの見直し)を変えようとせず、現場にいる人に無理を強いる。誰か辞めれば新しく募集してその穴を埋める。新人はまず仕事を覚えないといけませんし、それを教える人も時間を取られます。新人だって定着するか分からないです。結果、仕事の効率はどんどん悪くなります。

それに気づいた時、僕の中で「仕事なんて頑張るもんじゃないな」と答えが出ました。一生懸命やりはしますが、仕事で本気なんて出しません。本気を出すのは自分の時間だけ……この文章を打っている時、ゲームをやっている時、本を読んだりする時だけです。

マラソン選手はどうして長い距離を走れると思いますか?どうして人は駅伝の選手を応援できると思いますか?

ゴールがあるからですよね?

ゴールが無ければマラソン選手は走らないし、駅伝で応援もしません。「いつ終わるかわからない・一生終わらないかもしれない」ものに人は情熱を注ぐことは出来ません。

もしも、あなたが残業に悩んでいるのであれば、「意味があるのか・終わるのか・終わらせられるのか」……まずは考えてみて下さい。

勝手なことたくさん書いたかもしれませんが、これが本音です(笑)。ここまでの文章が、もしも誰かの助けになったのなら、僕はとても嬉しいです。

それでは……ここまで読んでいただきありがとうございました~!

コメント

タイトルとURLをコピーしました