新しいパソコンを購入するまでにやったこと

ブログ

どうも、うきっコです!

二週間くらいブログ更新できなかったのですが、理由がありまして……。

パソコンがぶっれていました!

※以降パソコン=PCと表記します

普段はゲームのことや本について書いていますが、今回は「PCが壊れるまで」から「新たなノートPCを購入するまで」を備忘録代わりに書いていこうと思います。もしも誰かの役に立てたのなら幸いです。

デスクトップPC、終わる

あれは確か……お盆の期間中に甲子園の交流試合を観ながらネットを見つつブログを書いている時でした。僕はずっとデスクトップのPCを使っていたんですが、モニターにノイズみたいなものが走り画面がフリーズしてしまいました。

まあ年(!)使っていましたので「調子も悪くなるか……」って感じで強制終了して再起動してみました。

一応動きはしたもののWindowsは立ち上がらず。それどころか、モニターには縦じまでノイズがずっと走っているという状態でした。

日を置いて同じように操作しても同様の症状になっていました。

PCのことは全く分からないので、これが「モニターの問題」なのか「PC本体の問題」なのかも判断がつきません。

長年使っていたこともあり、新しいPCを購入することはさほど抵抗はありませんでした。ただ、原因が知りたかったのでPC修理の専門業者を調べて一応診てもらうことにしました。

PC修理業者に来てもらったら・・・

こういう事態は初めてでしたので、業者についてもかなり調べました(笑)。結論からいえば来てもらわない方がよかったです(笑)。

不安でしたので「高いけど対応はしっかりしている」ところに頼みました。

当日の夕方に来てくれて色々診てもらいました。その結果PC自体がもうダメだということがわかりました(まぁ十年使ってましたから)。

とりあえずそれだけです。それだけで8800円取られました(笑)。

ただ、この価格は依頼する前から分かっていたことなので個人的には問題ではなかったんです。※こういった業者の相場がわからないのですが「高い」とは思いました。今回は勉強代と思って割り切りました。

無事にぼったくられる

とりあえず何があっても8800円はかかると知っていましたし確認もしましたので、あとは修理代がプラスされるって感じだったんですが、僕的にはもう「新しいPC買おう」ってなっていましたのでそれ以上の金額にはなりませんでした。

ただ、来てもらった業者さんは販売もしているらしく新しいPCを検討している旨を伝えたところ、その価格についても見積もりを出してくれました(やさしー!)。

  • ノートPC が良い
  • 使用目的はネットが主
  • 仕事には使わない
  • 最低限ワードプレスが使えればそれで良い
  • Windows(マイクロソフトofficeはいらない)※WordとかExcelとかが入っていない

以上のことを話し、色々と調べてくれた結果!

なんと!

レノボのノートPCで!

マイクロソフトofficeなし!仕事には使わない!

お値段なんと!

96000円!!!!

その時の見積書です

いや、くないっスか?(笑)

僕自身、PCがダメだった時のためにあらかじめノートPCの値段も調べておいたんです。最低価格が3~4万くらいからで考えていたので、この値段が出てきたときはドン引きしました(笑)。

いったいどれくらいのお金が彼らのポケットに入るんだろうって、途中からはそういったことしか考えられませんでしたね(笑)。

もちろんノートPCでも10万超えるのはありますけど、僕が言った使用目的や条件を考えたらぼったくりですよね。officeだってついてないんですよ?

対応はとても良いところだったので、条件が合えばここで新しいPC買おうかなって思っていた分よけいに残念でした。

ノートPCについて調べまくる

というわけで、ノートPCを買うために色々と調べまくりました。「こんな時詳しい友達がいればなぁ」と心底思いましたね(笑)。

基本的にはブログサイトYouTubeで調べました。その時に役立った情報を書いておこうと思いますので、新しくPC購入をお考えの方の役に立てれば幸いです。

初心者でもこれだけは覚えておこう!

ブログにしろYouTubeにしろ、解説する人のこだわりがあるので何が良い・悪いとかはバラバラでした。ただ、「とりあえずPC初心者でもこれだけは覚えておこう!」というものは共通していました。

【CPU】……何はともあれ、PCを選ぶ際に真っ先に出てきます(笑)。PCにとっての頭脳と考えたら良いみたいです。具体的には「celeron/core i3core i5core i7」と記載されています。「これは見たことある!」って感じですよね(笑)。

 簡単に説明すると、数字が大きいほど高性能と思えばいいです(笑)。とりあえず「ネットだけ見たい」とかならcore i3でも十分。仕事などで使うならcore i5。動画編集やデザイン関係で使うならcore i7以上……って感覚でしょうか。数字が大きくなると、PCの値段も上がっていきます

中古でPC購入を考えている方なら「CPUの世代」については知っておいた方がいいかもしれません。なんか、世代があるらしいんですよ(僕もよくわかってない笑)。例えばCPUcore i7なのに三万円とかの中古PCがあれば「めっちゃ良いじゃん」となると思います。こういうのは世代が古い可能性が高いみたいです。※最新が現在第10世代だとすると第2世代(2011年頃のもの)くらいのCPUかもしれないってことです。なので、表記が確認できない場合はショップに問い合わせした方が良いでしょう。

【メモリ】……よく言い表されているのが「机」です。4GB8GBのメモリを比べた時、数字が大きいほど出来ることが増えるって感じでしょうか。なので、「机が広いほど出来ることが増える」と説明されたりします。

【ストレージ】……感覚的にはデータの入れ物。HDD(ハードディスクドライブ)かSSD(ソリッドステートドライブ)と表されるみたいです。この二つはそれぞれで長所・短所があるんですが、僕の場合「ノートPCならSSD一択」くらいの解説ばかりでしたのでSSDの物にしました(笑)。

例:HDD……長所SSDと比べて1ドライブで保存出来る容量が大きい等、短所構造的に衝撃に弱い

例:SSD……長所作動音がなくサイズが小さく軽い等、短所容量が少ない・故障した際データの救出が困難

以上の三つを覚えておくと、スムーズにPCを選べると思います!

ライフスタイルで性能や値段も変わる

結局「何にPCを使うのか?」で性能を考えていけばいい感じがしました。そうすれば値段も自然と決まっていくでしょうし。

ただ、PC等の精密な機器を購入する時は「予算にプラス1~2万円くらいは考えた方が後悔しない」みたいなことも解説されていました。

マイクロソフトofficeを入れるならプラス二万円

ここまででも何回か書きましたが、マイクロソフトoffice(WordやExcel)が入っている時と入っていない時でも値段は変わります。

ネットでレノボのPCを購入しようとした場合、ある程度「カスタマイズ」出来たりします。その際にマイクロソフトofficeを入れておいてほしいと注文が出来るんですね。単純にマイクロソフトofficeが二万円ほどなのでPC本体+二万円ってことです。

なので「マイクロソフトofficeは使わないからいいか」って人は本体だけの値段で購入が可能です。

ただ、「マイクロソフトofficeに似たソフト」は標準で入っている場合もあります。それがWPS Officeというソフトです。キングソフトという中国の企業が提供しているもので、かなりマイクロソフトofficeに似ているようです。僕は使ったことがないのでよくわかりませんが、これまでWordやExcelを使ったことがある人は十分に使いこなせるようです。

「mouse」のノートPCを購入!

これまでに書いた点や諸々を踏まえて

マウスコンピューターのノートPCを購入しました!

mouseを選んだ理由は、前々から気になっていたっていうのが大きいです。あとはまあ、値段と予算がかみ合ったというか(笑)。

ノートPC自体が5万円、マイクロソフトofficeも入れて全部で7万円ほどでした。

Amazon楽天でも手に入りますが、カスタマイズ出来ないみたいだし若干割高な気がしたのでmouseのサイトから直接注文しました。それと、今まで使っていたPCの下取りをしてくれているのも良かったです(下取りサービスを利用した場合、購入価格から-1000円)。

まとめ

大事なのは「CPU」「メモリ」「ストレージ」、そしてそれ以上に「自分がどんな理由でPCが必要なのか」を理解しておくことだと思いました。

性能面以外で気を付けたいのは「お店であまり買わないこと」ですかね?絶対ぼったくられますから(笑)。

そんな感じでノートPCを購入した僕ですが、結局PCに詳しい友達がいれば全部解決したことだと思うんですよね。やっぱり持つべきは友ってことですよ!

でも、せっかく調べたので誰かの役に立てればなって思い今回の記事を書きました。

初心者の知識なので間違っている点などあれば教えてくれると嬉しいです。また、この記事以外でもご自身で色々と調べてみたほうが後悔しないと思いますのでこの辺りはご注意くださいね。

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました