防災リュックにオススメの一冊、「自衛隊防災BOOK」

 いつか起こると言われている南海地震富士山噴火

 いずれか一つが起これば連鎖的にもう一方も起こる可能性があり、そうなると日本のあらゆる機能は停止するとまで言われています。

 救助も絶望的となる事は容易に想像できるでしょう。

 そんな時、防災の知識があれば生き残る確率をわずかにでも上げられるはず……。

 この記事は

少しでも防災意識を高めようと思っ読んだ本を紹介する

 ものとなります。

 今回紹介するのは、

「自衛隊防災BOOK」

 です。

楽天ブックス
¥1,320 (2022/08/03 18:20時点 | 楽天市場調べ)

概要

 「自衛隊防災BOOK」は、自衛隊の防災知識(ノウハウ)をたくさん掲載した本となります。

 自衛隊といえば、災害派遣・人命救助のプロ。

 そんな自衛隊の❝いざという時に役立つ❞――災害時のトラブルに対処するテクニックやアイデアが紹介されています。

 プロが紹介するといっても特殊な訓練や道具が必要なものは一切なく、体一つから日用品など身近な物で出来ることがほとんどです。

 あと「自衛隊あるある」みたいなのも載っていて、自衛隊員が普段の生活の中で気にしている危機意識なんかも紹介されています。

 写真やイラストがページの大半を占めており、ページ数も150pくらいの物なので防災リュックにも入れておきたくなる一冊です。

楽天ブックス
¥1,320 (2022/08/03 18:47時点 | 楽天市場調べ)

感想

 ここからは実際に読んだ感想を書いていきます。

 掲載内容を詳細には書けませんが、どれもこれも「これなら真似できそう」といったものでした。

 というか、災害時のいざという時に真似できなければ意味ないですからね。そういう点では真面目な防災本だなと思いました。

 防災BOOKとありますが、災害以外でも役に立つ情報が多かったです(例:手ぬぐいでの止血方法、シャツを浮き輪がわりにする方法、熱射病を避ける方法など)。

 個人的に面白かったのは乾パンを飽きずに食べる方法とかでしたね。それ以外にも味気ない非常食を少しでも美味しく食べようとするページがありました。

 これを書いている今は想像できませんが、災害に巻き込まれ避難生活を余儀なくされる中での食事というのは精神的にもキツイものがあるでしょう。その中で美味しいと思える食事はとても大切だと感じました。

まとめ

 地震や豪雨などの災害はいつ起こるか分かりません。どんな時でも備えておくことはこれからの日本を生きる上で必要な知識となるでしょう。

 「自衛隊防災BOOK」は誰でも簡単に真似できるテクニックから、災害以外の場面でも役立つ情報が満載の防災本でした。

 家に備えている防災リュックに入れておくのも良いですし、この本自体にも「防災リュックにオススメのアイテム」などが多数紹介されています。この本キッカケで防災リュックを用意するのも良いのではないでしょうか?

楽天ブックス
¥1,320 (2022/08/03 19:34時点 | 楽天市場調べ)

 それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました!Twitterもやっていますので、良ければフォローしてくれると嬉しいです!

 

 副業としてブログを始めるものの❝177円❞しか得られていない男。

 「文章を書く」「本を読む」のが好きなのでブログは継続中。

 その他、【週刊少年ジャンプ】【Uber Eats 】【都市伝説】に関する情報を発信しています。

 ※Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。

うきっコをフォローする

ネットで紙書籍を購入するなら

紙の本・コミックスはAmazon楽天ブックスでの購入が便利!

電子書籍を購入するなら

電子書籍もAmazon楽天koboが便利ですよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました